彼女の話

そのおびただしい全存在

投稿日:

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。
彼女はナイアガラの滝をみたのだ。


その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。
上腕にも太く白いあとがいくつか残り、前腕は裏も表も元の肌の色が分からないほどに
無数の白線が走っていた。
傷で肌はボコボコで、その腕から尋常ではない何かが漂っていた。
彼女は経験上それはカッターだけではない、
包丁や工具のようなもっと厚く固い凶器が使われていると察した。


彼女はそれを狂気とは思わなかった。
ただその左腕にその人のその人たる全存在がすすり泣いているような気がした。


どくん、と心臓が波打つ。


彼女は右手に目をやろうとした。
そうせざるをえなかったその右手に。
オレンジ色の鮮やかなマニキュアが塗られていた。


その人の左腕の傷はちょうど長袖を着れば見えない位置から始まっていた。
彼女のそれと同じだった。

彼女は当時の自分とその時のその人が変にシンクロするのを感じて
頭がクラついた。
この人も隠そうとしていたのだ。
その時はなぜか隠そうと。



でも気づいたのだ。
その人の傷と自分の傷の共通点。


それは白い、ということ。
安定して白い、ということ。
それは新しい傷は一つもない、ということを意味している。
ひとつも赤くない。


彼女はその人がもう長い間自分を傷つけてはいないだろうと分かった。


そこにあったのは悪いことだけじゃない。
その人のその人たる全存在が左腕に詰まっている。
だから今は見知らぬ人にでもすべてをさらすことができる。
その白だらけの腕は得も言われぬパワーを発していた。


強い。


その一言に尽きた。

彼女は少し興奮して話した。
「ものすごいパワーなんだ。白くなっても尚感じるパワーなんだよ」
「傷があるから弱いじゃないんだ。むしろない人よりもずっと・・・」


それは精神力と言うのか生命力と言うのか一体なんであるのか分からないが。


そして彼女は自分の左手指に目をやった。



そのおびただしい全存在

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の最大の矛盾1

彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自分が生まれて来ないことになったとしてもそれでよかったのに、と思っている。 彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほう …

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

noimage

ふきとぜんまい

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ