彼女の話

海底の木箱

投稿日:2017年3月18日 更新日:

彼女の海底には木箱が沈んでいる。
木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。
これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。


木箱の様子はときどき変わる。
太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見えることもあるし、
水草が周りにたくさん茂っているときもある。
船から石油が漏れ出したときのように、真っ黒になった水の中でその姿がやっと確認できるという時もある。

ときどき、木箱からロープが海上へと繋がっているときもあるが、
これは海上から降ろされたものか、木箱から浮かんでいった物かはわからない。


彼女は時折意識的にこの木箱の様子を確認する。
どんなとき、ということもないがただ見に行く。
ただある、ということを確認するだけで、そこには目立った情動は見られない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

おばあちゃんズ

彼女は人の話を聞くのが好きだ。 それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。 彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。 少し離れたところに彼女も腰を下ろした。 その後もう …

noimage

(no title5)

そういうわけで彼女は以前ほど酒を飲まなくなった。確かにアルコールは血糖値に響く。酒は糖分豊富だからと思いがちだが、アルコールを分解するのに必死の間、肝臓はブトウ等を十分に供給できない。数回にわたって低 …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

女の価値観

彼女はいわゆるなんでも一人で自分でやってしまう人で、 いわゆる男性が守ってやりたくなるような「か弱い」女性ではない。 それどころかそういう「女」を嫌っている。 たとえば届かないところにあるものを、取っ …

noimage

彼女とLINE

彼女はLINEをやっていない。 できるだけ多くの人とつながらないようにしているのだから当然といえば当然だが、 まあ大体人はそれを聞いただけで彼女を少し変わった人だ、と思うだろう。   LIN …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ