彼女の話

海底の木箱

投稿日:2017年3月18日 更新日:

彼女の海底には木箱が沈んでいる。
木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。
これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。


木箱の様子はときどき変わる。
太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見えることもあるし、
水草が周りにたくさん茂っているときもある。
船から石油が漏れ出したときのように、真っ黒になった水の中でその姿がやっと確認できるという時もある。

ときどき、木箱からロープが海上へと繋がっているときもあるが、
これは海上から降ろされたものか、木箱から浮かんでいった物かはわからない。


彼女は時折意識的にこの木箱の様子を確認する。
どんなとき、ということもないがただ見に行く。
ただある、ということを確認するだけで、そこには目立った情動は見られない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の家計簿

彼女は長いこと家計簿をつけている。エクセルで自分仕様に作成した。色んなソフトやアプリを使っても細かなことまで気になる彼女だ。結局は自分で好きなように作ってしまうのが良い。 彼女の家計簿は終活にも見える …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

noimage

それが問題だ。

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と …

ランドリー・ニューヨーク

ランドリー・ニューヨーク

彼女はこたつ布団をようやく剥がした。 寒がりの彼女にようやく春がやってきたというわけだ。 ある夜こたつ布団を持ってコインランドリーへ向かった。 車が使えないので、イケアの大きな青い袋に入れ自転車のカゴ …

noimage

何を使うか、何を選ぶか、何を口にするかしないか

彼女は洗った食器を並べた棚に見とれていた。彼女は鉄製じゃない限り濡れた食器や調理器具を丁寧に拭いたりしない。セラミック食器もガラス瓶もステンレス鍋も薄明かりの中で水滴がキラキラ輝いていた。プラスチック …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ