彼女の話

何を使うか、何を選ぶか、何を口にするかしないか

投稿日:


彼女は洗った食器を並べた棚に見とれていた。
彼女は鉄製じゃない限り濡れた食器や調理器具を丁寧に拭いたりしない。
セラミック食器もガラス瓶もステンレス鍋も
薄明かりの中で水滴がキラキラ輝いていた。
プラスチックのタッパーにこの輝きは放てない。

彼女がプラスチックを使わなくなって大分経つ。
嫌悪するようになったのは幼い頃のラップの匂いがきっかけだった。
ラップにくるまれたおにぎりが食べられなかった。
大人は口にはしなかったものの、
彼女は自分が神経質で面倒な子だと思われているのを感じた。
分からないではない。
たった一人の食べられない子のために、
大人は何か早急に用意しなければならないのだから。
その気配を感じながらも彼女はラップ味のおにぎりは食べられなかった。
自分は何も要らないとも言えなかった。

大人になるっていい。
何を使うか、何を選ぶか、何を口にするかしないか、
全部自分で決められる。
彼女の場合はそれが行き過ぎて人を敬遠しすぎてきたきらいはあるし、
今でもプラスチックの恩恵をたくさん受けている。
それでもそれらを避けて送る生活が
彼女自身を安心させてきたのも事実だ。
自分にとって安全で使っていて心地よさを感じられることは
誰にとっても生きるのに大切なことだ。

プラスチック汚染が話題にのぼるようになって久しい。
彼女は正直に言って思わぬところから助け船が出たような気持ちでいる。
どんどんどんどん拡がればいいと思っている。
そうやって助けられるのはクジラやトリや大気の問題だけじゃない。
マイカトラリーを持ち歩いても変人扱いされない、
肉屋にアルミやホーローの容器を持って行っても面倒臭がられない、
ポリ臭さを嫌う彼女のようなヒトたちも窮屈じゃなくなる。
この期に及んでまだ人間の(彼女の)都合かと思われても
それもまた本当のことなのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

彼女と絵 :柴田鋭一『せっけんのせ』

彼女は今年”Art Calendar by Three Artist 2017”というタイトルのカレンダーを貼っている。 タイトル通り、3人のアーティストの作品が月替わりで印刷されている。 その中に柴 …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ