彼女の話

なんという赤!

投稿日:

無理して笑ってるでしょ


男は目の前にいたのだが、彼女は
こいつ後ろから私を見ている、と悟った。
私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。


はっと気づいた時、男はさらに畳みかけるように言った。

少しは自分のことも話して、仲良くしないと浮くよ


そう言われた瞬間、恥ずかしさと怒りと罪悪感で身体中の体液という体液が一気に沸点まで達しそれらが目から噴き零れ始めほとばしって男の顔や肩に飛び散るのを見た気がした。


「   ・・・    ・   」

吐き出そうとした言葉は彼女の腫れた甲状腺でつっかかった。


なんて粗雑で乱暴なんだろう。こいつは自分が一体何を言っているのかわかっているのか。
彼女は怒りで我を忘れそうになった。

体液のほとんどは血となって視界を覆った。目の前は真っ赤だった。身体中のすべての血が眼球の周りに集まったおかげで脳はガス欠でプスプス声を上げていた。心臓も苦しい、いきができない。

逢魔が時のような、なんという赤!あつい目がすごくあつい!



そうやって燃えてしまった彼女はあの日の枯葉みたいになったのだ。




なんという赤!

-彼女の話

執筆者:

関連記事

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

noimage

女の価値観

彼女はいわゆるなんでも一人で自分でやってしまう人で、 いわゆる男性が守ってやりたくなるような「か弱い」女性ではない。 それどころかそういう「女」を嫌っている。 たとえば届かないところにあるものを、取っ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ