彼女の話

吐き出される夢

投稿日:

しばらく会わない間に彼女は大量の夢をみていた。

彼女は夜でも昼でも眠る前や、ただ風を感じようと目を閉じた瞬間に
前夜にみた夢をふと思い出すことが多い。
正確には夢を思い出すというよりは、夢の雰囲気や夢の中の感情だ。
ああ、明るかったな。とか、ああ、とても悲しかったな、とか。
それを皮切りにぼろぼろぼろぼろ言葉が吐き出されてはこぼれていく。

この間僕が彼女に接触できなかったことは非常に残念だが、
幸い彼女は異常なほどに夢の詳細をおぼえていた。
もしくはスマホの音声メモで記録していた。
ハッキリ言ってそれらは少し気味が悪いほどに生生しかったのである。


彼女にはいくつかの出会いや別れがあったようだった。
それらの小さく大きな波線が見せた夢の意思とはなんだろう。

ショパンの別れの曲は「別れの曲なのにどこかいつも明るい」。
「だから好きだ」。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

朽ちかけの大木

彼女の写真: 朽ちかけの大木

彼女は写真を撮る。見るのも撮るのもマクロの写真が好きだ。 その中でも朽ちかけた木を特に愛する。 なぜかはよく分からない。   ちなみに彼女はカバやゾウも好きで、 朽ちかけた木の皮はそんな彼ら …

noimage

彼女と声

誰にでも何人かはいると思うが、 彼女にも別に悪い人ではないのだろうができれば避けたい人たちがいる。 彼女にとっては特異な声や話し方の持ち主たちだ。 ひとつはとても声が大きい人。 それから声が高い人。 …

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

noimage

自分は間違ってない

”俺は悪くない””私は何も間違ってない””だってこれが正しいでしょう、正しかったでしょう?”身勝手で主観的で利己的に一見見えるこんな言葉は自身への誇りと自信にあふれている。間違えていたとしても、そして …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

PREV
6月
NEXT
怒りと光り
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ