彼女の話

彼女の頭の中のいちばん外側

投稿日:

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。

自分の行動を振り返る。

その時にそれは一般的な行動であったのか、

それとも自分の本来の性格によるものだったのか、

そして、それとも自分のその気質のせいなのか、

またひとつ自分を悩ませる要素が増えた。

それは答えを出すために混乱させる要素にも手助けしてくれる要素にもなるだろう。

でも今はまたひとつ面倒くさいことになってしまったな、と思っている。

知らなければよかったと思う時もある。

その時にそれは一般的な行動であったのか、

それとも自分の本来の性格によるものだったのか、

それとも自分のその気質のせいなのか。

どれかひとつということはないだろう。

きっとすべてだろう。

それでも考え続けるのは、答えがでていない気がするのはなぜだろう。

死ぬときにわかるんだろうか。

それまでこんなに悶々と考え続けなければならないのか。

その薄い麻布みたいなベールが頭の中のいちばん外側にいつでもかけられていて、

それがいつでもすべてをはっきりさせない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

たくさんの小さなうれしいこと

たくさんの小さなうれしいこと

朝、静かに降る雨のおかげで 彼女はとても落ち着いた気持ちで目を覚ますことができた。 外出先のお店で、この間まで体調不良を訴えていた店員さんが 病院で薬をもらってすっかり元気になっていた。 家に帰ったと …

noimage

彼女の中から消されるということ

彼女はあの日以来未だに少しふさぎ込んでいるのだが、 今日はだいぶ浮上してきたようだ。 というのも朝からある知り合いとずっとオンライン上で話をしていたようで それで気が紛れてきたようだ。 相手が慎重で明 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

noimage

生活

生活。生活用品。生活費。生活音。生活保護。‥‥生活というだけで候補ワードがズラズラでてくる。生活ってなんだろう。生活という言葉がよく彼女の頭をよぎるようになった。生活、生活、生活…格別意識しているわけ …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ