彼女の話

彼女の頭の中のいちばん外側

投稿日:

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。

自分の行動を振り返る。

その時にそれは一般的な行動であったのか、

それとも自分の本来の性格によるものだったのか、

そして、それとも自分のその気質のせいなのか、

またひとつ自分を悩ませる要素が増えた。

それは答えを出すために混乱させる要素にも手助けしてくれる要素にもなるだろう。

でも今はまたひとつ面倒くさいことになってしまったな、と思っている。

知らなければよかったと思う時もある。

その時にそれは一般的な行動であったのか、

それとも自分の本来の性格によるものだったのか、

それとも自分のその気質のせいなのか。

どれかひとつということはないだろう。

きっとすべてだろう。

それでも考え続けるのは、答えがでていない気がするのはなぜだろう。

死ぬときにわかるんだろうか。

それまでこんなに悶々と考え続けなければならないのか。

その薄い麻布みたいなベールが頭の中のいちばん外側にいつでもかけられていて、

それがいつでもすべてをはっきりさせない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

noimage

燻る-くすぶる

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ