彼女の話

とどめようがないこと

投稿日:

暗い気持ちでいることは悪いことじゃない。
みんなポジティブに前向きにって疲れるんだよ。
ネガティブだからダメなんだって、だれが決めたんだろう。
自己啓発本か脳科学か誰かの経験則か。

恨みも怒りも妬みも、悲しみや孤独も認められなかったら、
この感情たちは一体どこへ行ったらいいのか。


全部自然のものだ。
それに反して、それを抑えつけて、そうやって生きようとする方が皮相的だ。
陰の心も何かを産生する。

罪悪感も自責も申し訳なさも感じなくていい。
恨みや怒りや妬みや悲しみや孤独やらを否定することは、
あなたを生かすこの空気を雨をあの木々を、そして周りの声や感情の存在を認めないのと同じこと。


生きてくれてさえいれば今はいいのだ。

彼女の絵をみて、僕はその先鋭した個我意識に、こんなことを思わずにはいられない。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のInstagram

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。 このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、 Inst …

noimage

水面に浮かび上がる絵

田植えの時期だ。 彼女は少しずつワクワクし始める。 今年の梅雨は降水量が少ないようだ。 梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。 彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるた …

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

人にやさしくするということ

人にやさしくするということ

彼女は人にやさしくするとはどういうことだろうとこれもまた長年考えている。 彼女は別にやさしくないわけではない。 でもそれが果たして本当に自分の内面からくるやさしさなのか、それはわからないという。 &n …

noimage

子どもたち

彼女は子どもが結構好きだ。遊び場の見守りの手伝いに時々出かけている。子どもたちと接する時、彼女は相当無心にならざるを得ない。考えて仮面を被り、取り繕っている暇など彼らは与えてくれない。恐ろしいほどのエ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ