彼女の話

どうにもならないやる気のなさ

投稿日:2016年12月26日 更新日:

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが
この「どうにもならないやる気のなさ」である。

ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと
彼女はもうその辺で転がっていることしかできない、というほどに
「まったく使いものにならなくなる」。
そしてそれは2日間だったり、1週間だったり、その時によって期間はまちまちであるらしい。

これはなにも彼女に限らず、人は気づかぬ内に疲れていたりストレスが溜ったりすれば何もやる気が起きなくなるものだ。


しかし彼女はこの期間がなければ、もしくは自分がもっと時間を上手に使えれば
気になることがこんなにも目につかないだろうに、
とそのトンネルを抜けたときにいつも思うのだ。
(やる気ないトンネルの中にいる間はそんなこともどうでもよくなる。)


読みたい本がどんどん溜まっていく。
描きたい絵のイメージばかりでページが埋まる画用紙。
聴きたい音楽が列をなす。
知りたいことがたくさんある。
それに対して人より少し多いかもしれない休息と考える時間。


掃除機のようにこれらをすべて口から吸いこんで取り入れてしまえたらどんなに楽だろう、
自分は欲張りだろうか、それとも単なる完璧主義か。


積み上げられた本を見るたび、
スケッチブックを開くたび、
イヤホンを耳に当てるたび、
答えが出ないことを考えるたび、

彼女は追い込まれていく圧迫感となぜかほんの少しの幸せを感じる。
そしてそのおかげで彼女はいつだって、
そのどうにもならないやる気のなさから脱することができるのだという。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

noimage

彼女の味覚

彼女は薄口を好む。 なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。 自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。 あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。 塩だけで済めばそ …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

noimage

終わりどころ

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。 これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。 ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつ …

noimage

2020/01/18

彼女の先延ばし癖

noimage

2020/01/17

子どもたち

noimage

2020/01/16

非日常

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ