彼女の話

表面下の世界

投稿日:

「表面の世界でも生きていける。
そしてそれはそんなに悪くない。」


自分は一体何を表現すればいいのだろう。
文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、
それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだろうか。


彼女は胃腸炎からの、ひどい脱水症状から抜け出すまで約10日間酒を一切飲めなかった。
酒が抜けきった彼女というのは、なんというか、まあ、ふつーの人、、、だ。

掃除をしたり、ふとんを干したり、
食事をしたり、ジグソーパズルを仕上げたり、
歩いて買い物に出かけたり、植物に水をやったり、

まあ、そんなふつーのことをしている。
ひどく、健康的。


彼女は、それを「表面の世界で生きている」という。

とてもハッキリしている。
意識も、景色も、人々も、望みも、世界も、身体も。

ただ一番大事なものだけが、表面下にある、というだけ。


彼女はこれが「みんな」の世界なのだ、と知っている。
不安や心配や悲しみや孤独を膝の上に置いて生きている。
そしてそれはけっして悪い世界じゃない。
そこにも自由はある。
両手が使える、という自由が。



彼女は胃腸炎にならずとも時々こうやって
深海魚が海面に目玉を出すように、
エイリアンが人間のフリをして社会を歩くように、
ゆっくり丁寧に生活してみる。
そしてしばらくしてカエルみたいに
一瞬天を反り返り、思い立ったように自らまた潜っていくのだ。


表面下の世界、は彼女にとってもう切り離せないだろう。
見ないようにして、無視して生きていく、ということはできない。
それは見えなくとも確かにそこに”ある”からだ。
彼女のスケッチブックのすべてを否定はできないのである。

あれほどに描いている拘泥まみれの点や線。
この表面の世界にうまいこと走査させる。
そしてひっぱり揚げる。


大事なことは彼女がこの二つの世界を認識した、ということなのだ。



表面下の世界

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

noimage

意味

3月。彼女はまた一つ齢を重ねる。ここ数年の彼女は、誕生日をまたいだ数日間仕事を休むことにしている。何をする、というわけでもないのだが、小さな旅行に行くこともあれば、山に登ることもある。誕生日をまたいで …

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

noimage

たくさんの話から

彼女の上司は大変いい人である。 色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。 感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。 彼はおそらくHSPであるようで …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ