彼女の話

表面下の世界

投稿日:

「表面の世界でも生きていける。
そしてそれはそんなに悪くない。」


自分は一体何を表現すればいいのだろう。
文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、
それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだろうか。


彼女は胃腸炎からの、ひどい脱水症状から抜け出すまで約10日間酒を一切飲めなかった。
酒が抜けきった彼女というのは、なんというか、まあ、ふつーの人、、、だ。

掃除をしたり、ふとんを干したり、
食事をしたり、ジグソーパズルを仕上げたり、
歩いて買い物に出かけたり、植物に水をやったり、

まあ、そんなふつーのことをしている。
ひどく、健康的。


彼女は、それを「表面の世界で生きている」という。

とてもハッキリしている。
意識も、景色も、人々も、望みも、世界も、身体も。

ただ一番大事なものだけが、表面下にある、というだけ。


彼女はこれが「みんな」の世界なのだ、と知っている。
不安や心配や悲しみや孤独を膝の上に置いて生きている。
そしてそれはけっして悪い世界じゃない。
そこにも自由はある。
両手が使える、という自由が。



彼女は胃腸炎にならずとも時々こうやって
深海魚が海面に目玉を出すように、
エイリアンが人間のフリをして社会を歩くように、
ゆっくり丁寧に生活してみる。
そしてしばらくしてカエルみたいに
一瞬天を反り返り、思い立ったように自らまた潜っていくのだ。


表面下の世界、は彼女にとってもう切り離せないだろう。
見ないようにして、無視して生きていく、ということはできない。
それは見えなくとも確かにそこに”ある”からだ。
彼女のスケッチブックのすべてを否定はできないのである。

あれほどに描いている拘泥まみれの点や線。
この表面の世界にうまいこと走査させる。
そしてひっぱり揚げる。


大事なことは彼女がこの二つの世界を認識した、ということなのだ。



表面下の世界

-彼女の話

執筆者:

関連記事

ことばのパラレルワールドをいきる2

ことばのパラレルワールドをいきる

「あたまの中で考えているときには言葉を使っていなくてもある程度の、 ”何について、どう思って、だから結論が出ないんだ”、みたいな形があるのに 口で表現してみたとたんまったく別の話みたいになる」 「あれ …

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

noimage

痛み

彼女は痛がりだ。 彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、 ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。 たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ