彼女の話

ざわざわする

投稿日:

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。
それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。

動悸がする。
眉間にはずっと力が入ったままになる。
ときどき痙攣するように頭がびくっと持ち上がる。
何度も深く深呼吸する。
原因がその辺に落ちているのではないかと探すように不安げにキョロキョロする。
何もない。

心臓がキュイーンと機械音を立てながら雑巾のように絞られる。
何が自分から絞り取られ、滴り出ようとしているのか、
このざわつきが治まれば戻ってきてくれるのだろうか。


迷子になった小さな子みたいに、だんだん涙がにじんでくる。
だれも迎えには来ない。
迷子のアナウンスも流れない。
聞こえてくるのは自分のやや激しい呼吸音だけだ。



しばらくして僕は温かいジャスミンティーを差し出した。
彼女は何のつもりだとでも言うように怪訝な顔をしてカップの中を覗き込んでいた。


ざわざわする

-彼女の話

執筆者:

関連記事

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

noimage

眠れていない日々

彼女は斜めに映った自分の顔を鏡で見ながら「齢をとったんだなぁ」と考えていた。齢をとった、というよりも齢を経た、という自分の顔が最近はそんなに嫌ではなくなった。なんという人だったか、早く齢をとりたいと言 …

noimage

絶対に落としてはいけなかったきのこ

最近彼女は毎日そわそわイライラしている。落ち着かない。心がもぞもぞする。昔マッシュルーム農場で働いていた女の子のことを思い出した。その日女の子は箱いっぱいに詰まった摘みたてのマッシュルームを一箱全部ぶ …

noimage

そこにこころが

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。 そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。 彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、 そういう時期になればハガキをだす。 でもお別れの手紙とか …

noimage

真くろの向こう

人の心がきこえたり、人に心を読まれてしまう。そんなことをテーマにした作品は多い。そんなことあるわけないと思いながら、いつもあなたのそばにいる人が、そうかもしれない。彼女は人を蔑む。人を見下し、マウンテ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ