彼女の話

彼女とtwitter

投稿日:2016年12月1日 更新日:

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。

大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。

(それは彼女がときどき”ふつう”のことができないからかもしれないが、彼女からすればカラオケで歌うことは”ふつう”ではない。)

重要なのはこれまでのウェブ利用と違って、情報を受け取り続けるのみではなく、

彼女自らがその一部に少しだけ”自分”を置いてみたいと能動的に動いた、ということだ。

 

自分が片足だけ突っ込んでいることを意識しながら、

しかし彼女は意外なほどすんなりと冷静にその大きな存在の一端を眺めた。

 

少し残念だったのは

沢木耕太郎やポール・シニャックやスピッツといった彼女の好きな人たちがあまりtwitterで見つけられなかったこと、

または、ある人はあまりtwitter活動していないようだったということ、

そしてまたある人は商業的になりすぎていたこと、だろうか。

 

不思議に気に入ったのはbotだった。

無機質に機械的に定期的にそして一方的に流れてくる言葉たち。

そうやって「まるで工場のレーンにゴトゴト乗って」自分の前に現れたことばが自分の胸を打つ、というおかしさ。

(矛盾とか、アンチテーゼとか、反証とか、相反とかいったことが彼女は大好きだ。

人間を人間たらしめ、一番人間くささを感じてあたたかい、からだ。

ただしbotはもちろん人間ではない。操っているのは人間だが。)

 

ここ数日で彼女は何人もの人たちのつぶやきを眺めて、その中の何人かをフォローした。

自分をオープンにすることにいつでも抵抗のある彼女が、

この人が私が好きになったひとです、とはじめて静かにラブソングをうたう練習をしたようなそんな数日になった。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

彼女と誰か

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。 ちょっと待て。 だれかいる。 一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。 ただ、少なくともその”自分”たちをある程 …

noimage

なぜ口でキスするのか

  どうしてキスは口でするのか。 いつからヒトは唇でキスするようになったのだろうか。   まつ毛とか鼻とかでキスみたいなことをする人たちも世界にはいるが、 彼女は映画なんかで唇でち …

noimage

彼女のカトラリー

彼女のカトラリーはほとんどが木製だ。 ステンレスなど金属のものは調理用に使うことはあっても口はつけない。 いつの頃からそうなったのかは分からないが、木のカトラリーを使いだして久しい。 子供のころから彼 …

noimage

モフモフ

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。 夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。 他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。 スヌーピーなど白いものは尚いい。 女性でも男性でも …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ