彼女の話

彼女とtwitter

投稿日:2016年12月1日 更新日:

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。

大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。

(それは彼女がときどき”ふつう”のことができないからかもしれないが、彼女からすればカラオケで歌うことは”ふつう”ではない。)

重要なのはこれまでのウェブ利用と違って、情報を受け取り続けるのみではなく、

彼女自らがその一部に少しだけ”自分”を置いてみたいと能動的に動いた、ということだ。

 

自分が片足だけ突っ込んでいることを意識しながら、

しかし彼女は意外なほどすんなりと冷静にその大きな存在の一端を眺めた。

 

少し残念だったのは

沢木耕太郎やポール・シニャックやスピッツといった彼女の好きな人たちがあまりtwitterで見つけられなかったこと、

または、ある人はあまりtwitter活動していないようだったということ、

そしてまたある人は商業的になりすぎていたこと、だろうか。

 

不思議に気に入ったのはbotだった。

無機質に機械的に定期的にそして一方的に流れてくる言葉たち。

そうやって「まるで工場のレーンにゴトゴト乗って」自分の前に現れたことばが自分の胸を打つ、というおかしさ。

(矛盾とか、アンチテーゼとか、反証とか、相反とかいったことが彼女は大好きだ。

人間を人間たらしめ、一番人間くささを感じてあたたかい、からだ。

ただしbotはもちろん人間ではない。操っているのは人間だが。)

 

ここ数日で彼女は何人もの人たちのつぶやきを眺めて、その中の何人かをフォローした。

自分をオープンにすることにいつでも抵抗のある彼女が、

この人が私が好きになったひとです、とはじめて静かにラブソングをうたう練習をしたようなそんな数日になった。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

バランスボールの中の小人

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

noimage

彼女に似た人

彼女は人の多いオフィスを訪れたとき、昔の職場であった女性のことを思い出した。どこか自分と似ていると思いながら同情心とイラつきを同時に持っていた。その時彼女は1フロアに100人以上はいるようなかなり大所 …

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

安心のための食いしばり

彼女の城は彼女にとって大体は心地のいい場所であることは間違いないが、僕はそこで落ち着かない。冬の彼女の大事なパートナーコタツはテレビの正面に配置されている。映画をみるときの彼女の定位置だ。ただしコタツ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ