彼女の話

たそがれ

投稿日:2017年1月7日 更新日:

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。
早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、
その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変えられない。


「それは世の中のすべてをシルエットに変えていく。
物事の色が黒くなって消えて行くのに、空の色だけが鮮やかなグラデーションを映し出す。
さっきまでそこにあった物事の色のすべてを吸い取っていったかのように。

木の枝も電線も人もビルも、すべてが形を失ってぺらぺらの二次元になっていく。
その中に立つと溶け込んだように安心できるんだよ」


そしてそのたそがれ時はいつだって一瞬で、
いくらまだ少し明るいと思っていても、
気づいた時にはびっくりするほど真っ暗になっているのだ。



たそがれ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

noimage

彼女と誰か

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。 ちょっと待て。 だれかいる。 一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。 ただ、少なくともその”自分”たちをある程 …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

ダウンタイム

彼女には最近生活の変化があって、あまり仕事をしていない。 もちろん収入は減るが彼女はときどき食べるために働くことをやめて 心や体をリセットでもさせるようにダウンタイムを人生の端々で設けている。 出勤し …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ