彼女の話

トリガー

投稿日:

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。

彼女は知っている。
昔は自分もそうだった。
「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」
結果”できることがない”と”したいことがない”をはき違えていることに気づけないまま随分過ごした。
「自分なんて、そう大したことはできないのだから」


今彼女にはやりたいことを箇条書きにしていくほどある。
実現可能なものも、そうでないものも。
以前と何が違うのだろう。

ハッキリ言って、それで食べていけるわけではない。
やりたいことをやって生きていける人間はそんなにいない。
彼女はどこかでそれでもいいと思っている、いやそれで良しとしてしまいたいのだ。
いつか誰も知らないところで一人のたれ死ぬ自分の姿を想像しようとも。


今はまだたくさんのストッパーが彼女に取り付けられている。
最近ことあるごとにこれまで堅固に彼女を押さえつけていたそのストッパーがガタガタとひずみ出すことがある。
彼女は突如あらゆるものが自分を刺激しだしこと(もしくはずっとそうだったのだが気づかなったこと)に感謝して、そのひとつひとつをとても大切に、幸せに思っている。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

回避依存

「確かに人は一人で生まれ一人で死んでいく。それなのにわざわざ一人では生きられない過程を通過しなければならないのはなぜか」 誰か 愛とか信頼とかいうものを知らない人間にも分かるよう、どうにか説明してやっ …

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

noimage

痛み

彼女は痛がりだ。 彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、 ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。 たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので …

noimage

彼女は昼寝をする。 あまり長くはしない。   誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。 彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、 視界が明るく感じると眠ること …

PREV
彼女と酒
NEXT
友人N
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ