彼女の話

トリガー

投稿日:

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。

彼女は知っている。
昔は自分もそうだった。
「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」
結果”できることがない”と”したいことがない”をはき違えていることに気づけないまま随分過ごした。
「自分なんて、そう大したことはできないのだから」


今彼女にはやりたいことを箇条書きにしていくほどある。
実現可能なものも、そうでないものも。
以前と何が違うのだろう。

ハッキリ言って、それで食べていけるわけではない。
やりたいことをやって生きていける人間はそんなにいない。
彼女はどこかでそれでもいいと思っている、いやそれで良しとしてしまいたいのだ。
いつか誰も知らないところで一人のたれ死ぬ自分の姿を想像しようとも。


今はまだたくさんのストッパーが彼女に取り付けられている。
最近ことあるごとにこれまで堅固に彼女を押さえつけていたそのストッパーがガタガタとひずみ出すことがある。
彼女は突如あらゆるものが自分を刺激しだしこと(もしくはずっとそうだったのだが気づかなったこと)に感謝して、そのひとつひとつをとても大切に、幸せに思っている。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とLINE

彼女はLINEをやっていない。 できるだけ多くの人とつながらないようにしているのだから当然といえば当然だが、 まあ大体人はそれを聞いただけで彼女を少し変わった人だ、と思うだろう。   LIN …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

今ここ

今ここ

彼女が引越しをした。 久しぶりに行ってみたら人がいない物件にかけられる例の水道局の袋がドアノブにひっかかっていた。 水滴に目とか鼻とか乗っけてある、よくあるあのイラストがゆらゆら風に揺さぶられていた。 …

PREV
彼女と酒
NEXT
友人N
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ