彼女の話

おばあちゃんズ

投稿日:2017年2月17日 更新日:

彼女は人の話を聞くのが好きだ。
それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。


彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。
少し離れたところに彼女も腰を下ろした。
その後もうひとりおばあちゃんBがやってきて、おばあちゃんAを挟んで向こう側に座った。

おもむろにおばあちゃんBが『おたくは近くですか』とおばあちゃんAに声をかけた。
『いえ、ちょっと歩いたところです』とおばあちゃんAは答えた。
彼女はイヤフォンの音量を下げた。
彼女は特にこういった年配の人の話にただ一方的に耳を傾けるのが好きだ。


そのくだりからするとふたりのおばあちゃんは初対面のようだが、
まるで昔からの知り合いのようにもういつの間にか
家はどこだ、息子がどうだ嫁がこうだと話をしているのである。
彼女はいつも老人たちのこの垣根のなさがおかしくてたまらない。
きっと長く生きてきた者同士のあ・うんの空気がそうさせているのだろうとわくわくする。


おじいちゃんがうっとうしいと愚痴るおばあちゃんBに
未亡人であるらしいおばあちゃんAがひとりの寂しさをひとしきり説いていた。
そして、おばあちゃんBが、でもじいさんはちゃんと自分の葬式代100万を貯めているのをこっそり通帳を盗み見て知ったんだと話したのを聞いて彼女は思わず吹き出しそうになった。
おばあちゃんAは感心したように驚いていたが、おばあちゃんBはそれはどの部屋のどこぞの引き出しのきれいな箱に印鑑と一緒に入れてあったのだと
もうあられもなくすべてを話すのである。
彼女は笑いを堪えながらとっさに周りを見回した。
このおばあちゃんはもうさっき自分の家がどことまで話してしまっているし、
もし悪い人が聞いていたら30分後には100万円が消えていてもおかしくないのだ。

おばあちゃんBが、まあそんな100万もあっても葬式に使うのは少しであとは残しとくんだ、と言い放ったのを最後にバスが来た。


彼女は溢れんばかりのふたりのおばあちゃんのオープンマインドに
齢を重ねるというのはこういうことかなぁ、それなら素敵だなぁと考えながら
ヨタヨタとバスに乗り込むふたりの後ろ姿を見送った。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

noimage

彼女に似た人

彼女は人の多いオフィスを訪れたとき、昔の職場であった女性のことを思い出した。どこか自分と似ていると思いながら同情心とイラつきを同時に持っていた。その時彼女は1フロアに100人以上はいるようなかなり大所 …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

彼女のバイブル

彼女はすごくよく笑う人である。 微笑むとかではなく、声を上げてよく笑う。 とにかく何を言ってもよく笑うので、 人からお笑い偏差値が低すぎると言われたこともある。 これは彼女があまりテレビを観ないことに …

人にやさしくするということ

人にやさしくするということ

彼女は人にやさしくするとはどういうことだろうとこれもまた長年考えている。 彼女は別にやさしくないわけではない。 でもそれが果たして本当に自分の内面からくるやさしさなのか、それはわからないという。 &n …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ