彼女の話

「・・・卵かけご飯・・・」

投稿日:



自分に向き合うってどういうことでしょうか。自分と徹底的に向き合うって何をするんでしょうか。

卵かけご飯みたいによく聞く言葉なのに自分で口に出すには何だか少し、いや、かなり少なくとも私には気恥ずかしい言葉に思えます。

大事なことも求めているものも、外にはないのです。どんなに文学を読み進めても、見えない糸をたどって検索を繰り返しても、
そこからわたしが提出されることは決してないのです。全部自分の中にあるのではと私は気付きつつあります。気付きつつはあるけれど、実感がないのです。

自分の中、を想像すると血や肉や内臓が想起されました。すべて私の中にあるものです。収縮を繰り返す腸やどくりどくり言う心臓を思い浮かべました。足が少ししびれているのに気付きました。動悸がするのはいつものことですね。肺が酸素を求めています。運動会で親を喜ばせようと必死に頑張る子供のように私の体は今この瞬間のわたしを生かそうと一生懸命なのかもしれません。そう思うと皮膚の下の赤い体が突然一瞬愛おしさにあふれました。一瞬の実感があったのです。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

noimage

「2019年9月17日の夜」

 「  誰かを助けるためにある人が水で舟を錬金術みたいに作りました。周りで何人かの人が手伝っていました。舟は型があるだけだったので、その内の一人が水の中へ潜って、ずーっとずーっと深い所から大きくて長い …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ