彼女の話

渇き

投稿日:

また新しい年が明けた。

平成が終わる。
平成最後の。
時代が変わる。
あらゆるメディアがうるさいほどに謳う。

彼女にはなんの関係もないことだ。


その日彼女は脱水症状でぶっ倒れていた。
年が明けたばかりの美しい青が広がる日だった。

ぶっ倒れていた、といっても、
いつもの彼女だった、といえばそうなのだ。
ベッドの上で壁に顔を向けて横たわっていただけなのだから。

僕は彼女の顔を覗き込んで、随分肌が乾燥しているなぁ、ぐらいに思った。
異変に気付いたのはふとんをかけ直してやろうと思って
ふわりと羽毛布団を引っ張り上げたとき、やたらと中の空気が熱いのを感じたときだった。

”あれ、熱があるな”と思って、僕は彼女を起こしにかかった。


彼女は胃腸炎になっていた。
でもどんな小さな風邪でも、大病でも、一番怖いのは脱水症状だ。


脱水症状というのは不思議だ。
命に関わるほどの渇きであるはずなのに、人はそれに気づかない。
例えばライオンが背後から襲ってきたら、人は即座に命の危険を察して本能的に動くのに
同じく生命を脅かす渇きにはひどくひどく驚くほどに鈍感なのである。
ただじわじわと失っていくに身を流してしまう。


ただし彼女は自分が脱水症状を起こすだろう、と気付いていた。
どうして彼女がそのまま眠ってしまったのか。
それは少し眠っても大丈夫、と知っていたから。
彼女は自分の内面に起こっていることを分かっている。


渇きに気付いていること。
休みながら動いてもまだ大丈夫だと知っていること。
眠りが初動を起こすに必要だと分かっていること。



いつ時代が終わり、いつどんな新時代が、どんな熱を持ってこようと
それは僕たちにはあまり関係ない。
ただ享有する内からの熱と渇きを大事に欲動に変えていくだけなのだ。
彼女が自分の足で救急外来を訪ねたように。

渇き

-彼女の話

執筆者:

関連記事

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

noimage

バランスボールの中の小人

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

良き不幸

良き不幸

彼女のダウンタイムは今日で終わるらしい。 彼女もまた本格的に復帰し、朝から晩まで箱の中、 様々な人たちに囲まれて仕事をすることになる。 この約2ヶ月のダウンタイム中、彼女は比較的穏やかだった。 彼女を …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ