彼女の話

渇き

投稿日:

また新しい年が明けた。

平成が終わる。
平成最後の。
時代が変わる。
あらゆるメディアがうるさいほどに謳う。

彼女にはなんの関係もないことだ。


その日彼女は脱水症状でぶっ倒れていた。
年が明けたばかりの美しい青が広がる日だった。

ぶっ倒れていた、といっても、
いつもの彼女だった、といえばそうなのだ。
ベッドの上で壁に顔を向けて横たわっていただけなのだから。

僕は彼女の顔を覗き込んで、随分肌が乾燥しているなぁ、ぐらいに思った。
異変に気付いたのはふとんをかけ直してやろうと思って
ふわりと羽毛布団を引っ張り上げたとき、やたらと中の空気が熱いのを感じたときだった。

”あれ、熱があるな”と思って、僕は彼女を起こしにかかった。


彼女は胃腸炎になっていた。
でもどんな小さな風邪でも、大病でも、一番怖いのは脱水症状だ。


脱水症状というのは不思議だ。
命に関わるほどの渇きであるはずなのに、人はそれに気づかない。
例えばライオンが背後から襲ってきたら、人は即座に命の危険を察して本能的に動くのに
同じく生命を脅かす渇きにはひどくひどく驚くほどに鈍感なのである。
ただじわじわと失っていくに身を流してしまう。


ただし彼女は自分が脱水症状を起こすだろう、と気付いていた。
どうして彼女がそのまま眠ってしまったのか。
それは少し眠っても大丈夫、と知っていたから。
彼女は自分の内面に起こっていることを分かっている。


渇きに気付いていること。
休みながら動いてもまだ大丈夫だと知っていること。
眠りが初動を起こすに必要だと分かっていること。



いつ時代が終わり、いつどんな新時代が、どんな熱を持ってこようと
それは僕たちにはあまり関係ない。
ただ享有する内からの熱と渇きを大事に欲動に変えていくだけなのだ。
彼女が自分の足で救急外来を訪ねたように。

渇き

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

noimage

背徳感と新しい彼女

世の中にはやってはいけないことがある。 倫理とか道徳とか約束とかルールとか法律とか友情とか そういうものに背くようなことはやってはいけないのだ。 やってはいけないことは、やってはいけない。 約束は守ら …

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

noimage

死人工場

強烈なタイトルにあまり驚く必要はなくて、要するに今回の彼女の夢のイメージはこうだ。ひどく暗い閉鎖的なその場所はほとんどがグレーや黒光り、はがね色サインペンと墨汁色の水彩絵の具で描かれたような場所であっ …

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ