彼女の話

彼女が死ぬとき

投稿日:

彼女は願っている。

自分が死ぬとき

それは誰かが生き延びるとき。


彼女は死をとても恐れている。
死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。
死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったのだろうとよく考えている。

しかし生まれたからには死ななければならないのだ。
だれも逃れることはできない。
彼女は死ななければならない。


ただし彼女には不確実な確信がある。
自分は誰かの身代わりになって死ぬだろう。



彼女は想像する。

彼女はバスを待っている。
幼児が向こうから家族と笑いながら近づいてくる。
大きな通りだ。
縁石にたまった、たくさんのきれいな落ち葉に惹かれて幼児は車道へ近づいていく。
母親も父親も幼児の兄妹も、まだ木にひっついて離れない紅葉に見とれて気づかない。

彼女は幼児を眺めながら自分のようだと口角をあげる。
みんなが見ていないものを追ってしまう。
気になる。惹かれる。欲する。触れたい。
周りが見えない。

彼女は心の中で幼児に話しかける。
上を向いてもきれいだけど、下に落ちてるものもすごくきれいだよね。

ふいにバスが角を曲がってくる。
幼児の背後に巨大な鉄の塊が現れる。


「あ」


幼児にかけよる。
時間が止まる。
彼女は赤や黄色に染まった落ち葉と一緒に、すくい上げるように幼児を抱く。


離さない。


バスを背で受け止める。


ぜったいに、離さない。


赤い落ち葉が目の前に広がる。
やがて静かにそして徐々に日が暮れる。


これでいい。
これがいい。
こうやって死にたい。
こわくない。


彼女は願っている。

自分が死ぬとき

それは誰かが生き延びるとき。



彼女が死ぬとき

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

noimage

バランスボールの中の小人

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

noimage

(no title3)

「おいてく気持ちもおいてかれる気持ちもしってるよ。 そこからはじまったものもそこからつづいてったものも、あったよね。 確実にいえるただひとつのことは、それが今もそこにあるってこと。 それはとてもせつな …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ