彼女の話

ある朝

投稿日:

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。
飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。



ある朝彼女はいつものように目を醒まし、
いつものように布団から抜け出してカーテンを開けた。
やわらかな明るい日差しの朝だった。

半分ぼんやりとした意識で半分ほど残った白ワインのボトルが目に入った。
前の晩に飲んで、冷蔵庫に入れ忘れたものだった。


しばらく(、と思ったが実際はそう大して長い時間ではなかったかもしれない)
置き去りになったボトルを眺めたあと、彼女はそれを手に取って
固くしめられていたスクリューキャップを回し外した。

ふ・・・っ。


ボトルの中にこもっていた何かが音をたてたような気がした。


それから彼女は何の気なしに中身を排水溝に流し入れた。
昏い昏いどこまでも続きそうな黒い管の中に
こぷこぷこぷこぷ、と小気味よい音を鳴らしながらその金色の液体は姿を消していった。

そしていつも通り水をいれて中をそそぎ、乾燥させるためにひっくり返し立てかけた。

空になり逆さまになって傾いているボトルをまたしばらく見ていた。
まだ眠たいような気がした。



この日から彼女は全く酒を飲まなくなった。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

noimage

女の価値観

彼女はいわゆるなんでも一人で自分でやってしまう人で、 いわゆる男性が守ってやりたくなるような「か弱い」女性ではない。 それどころかそういう「女」を嫌っている。 たとえば届かないところにあるものを、取っ …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

noimage

彼女の中から消されるということ

彼女はあの日以来未だに少しふさぎ込んでいるのだが、 今日はだいぶ浮上してきたようだ。 というのも朝からある知り合いとずっとオンライン上で話をしていたようで それで気が紛れてきたようだ。 相手が慎重で明 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ