彼女の話

『鑑定士と顔のない依頼人』

投稿日:2017年3月4日 更新日:

『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意





この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。
とてもとても美しいラストシーンだったのだと。


『鑑定士と顔のない依頼人』など彼女は聞くからに憂鬱になりそうだと思ったが、
たくさんの絵が出てくると知ってDVDを借りてきた。

観ている途中、ところどころにたくさんの謎や伏線が張られているようだったが、
彼女は根が単純というか素直すぎるというか、
そういったところに気付いてもなんとなく気づかぬ振りをして、
そのままをそのままで観ていく。
だから最後の最後で主人公と同じショックを受けることになる。

(彼女は観ながら、自分は現実も映画も同じようにみているのだなとふと思う。
小さな違和感に気付いていても、それをいつも置き去りにして信じ込み、
そこから踏み込んでいこうとしない。)


とにかくこの映画の主人公である年老いた鑑定士は
最後は初めて信用し愛した人たちに『裏切られる』ことになるのだが、
「それだのに、それだけとは思得ない感情の静謐と穏やさがそこにあって、
これで良かったはずはないのに、
歯車の噛み合う音でいっぱいの奇妙なレストランにひとり座る老年の男の姿が
果てしなく美しくみえる」。
ハッピーエンドではなかったか、となぜか思ってしまうような。


この映画を観てからしばらく経つようだが
彼女は未だにぼんやりとこの映画について考えている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

noimage

真くろの向こう

人の心がきこえたり、人に心を読まれてしまう。そんなことをテーマにした作品は多い。そんなことあるわけないと思いながら、いつもあなたのそばにいる人が、そうかもしれない。彼女は人を蔑む。人を見下し、マウンテ …

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

彼女と大きな存在

彼女と大きな存在

彼女は大きいものをこわがる。 おそらく巨大物恐怖症というやつだと思われるが、一番最初に怖がったものは壁画だった。 小学生の時に学校行事で訪れた公民館に大きなモザイク壁画があり、 振り返った目先に突然現 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ