彼女の話

ベスト

投稿日:


職場からの帰り道、彼女はよくその日のことを省みる。
そして自然と”ベストではなかったこと”を探す。

どうしてそれがベストだと思えないのか。
モヤモヤしながらその理由を考えようとする。
理由が思いつかないと自分がベストを尽くせなかったのか、と
そういうところに落ち着いてしまう。

今も昔も彼女の仕事は一人で完結できるものが多かった。
仕事でもプライベートでも人とコミュニケーションをとることが
極端に少ない。
”うん、これがいいね”
”ベストではないかもしれないけど、その時はまた考えよう”
そう言ってくれる相手がおらず、いつもなんとなく確証がもてない。
「あれでよかったのか?」「あの時のあの人のリアクション…」
「あの言い方じゃなく」「あのやり方じゃなく」「今思えば…」
重箱の隅を自らつつくような止まらない不全感。
そもそもすべてがベストである必要はない。
彼女はそれらをはき違えている。

日が少しずつ長くなってきた。
帰り道に足元の自分の影すら見えないという日々が
また終わろうとしている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と絵: 『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)』

彼女が世界でいちばん好きな黄色はゴッホの『夜のカフェテラス』の黄色だ。 ゴッホが黄色を多用したのは有名な話だが、例によって彼女も世界中の多くの人たちと同じくあの黄色を愛している。 ゴッホは弟テオへ送っ …

noimage

どきどきする

彼女はときどき動悸がする。 甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。 一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっている …

noimage

朝目覚めたときの彼女

彼女の状態は朝目が覚めたときに分かる。 意識が覚醒した時、最初に感じたのが今現在の彼女の健康状態に一番近い。 最近の彼女のスケジュールは毎日毎時間ギチギチに詰まっている。 今何事かを成しながら常に数時 …

noimage

安心のための食いしばり

彼女の城は彼女にとって大体は心地のいい場所であることは間違いないが、僕はそこで落ち着かない。冬の彼女の大事なパートナーコタツはテレビの正面に配置されている。映画をみるときの彼女の定位置だ。ただしコタツ …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ