彼女の話

彼女はまだ

投稿日:2016年12月9日 更新日:

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。

彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。

 

これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。

 

1回目ははじめから読んだ。

2回目はそのつづきから読んだ。

3回目は読めそうなところから読んだ。

 

どれも徐々にまたは突然に激しい動悸が訪れ、頭痛が吐き気を催し震えと渇きをなみだが助長し、

彼女を不快にするすべてが一度に押し寄せひどく苦しんだ。

 

大して読んではいないから「なに」といえる内容も憶えていないはずなのに、

彼女は目にするのも怖がるようになった。

今はぞんざいに他の本の中に紛らせて目立たない。

 

彼女はまだ知らない。

彼女はまだこれでいいと        いる。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

noimage

飲み込んだ空気の行きついた先は

その先は呑気症だった。 最近急に涼しくなって人々が生き生きしている。 ある朝彼女は目を覚まし起き上がってテラスのドアを開けた。 瞬間ぶわぁっとあの懐かしいひんやりと乾いた空気が彼女を一気に包み込んだ。 …

noimage

死人工場

強烈なタイトルにあまり驚く必要はなくて、要するに今回の彼女の夢のイメージはこうだ。ひどく暗い閉鎖的なその場所はほとんどがグレーや黒光り、はがね色サインペンと墨汁色の水彩絵の具で描かれたような場所であっ …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ