彼女の話

彼女のおでかけー駅

投稿日:

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。
彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。
ラピュタみたいなものだった。


今彼女が住む町には駅がある。
ベッドタウンの最寄り駅のわりに小さな駅だ。
駅は彼女のそれまでのイメージと違った。


彼女はみんなが行く上りよりも下りの電車に乗ることが多い。

みんなとは逆のプラットホームに立つ。


彼女が行くその場所はいつも人がいなくてガラガラなのに
彼女は改札を抜けると緊張する。

ホームはステージだからだ。


いつも思う。


下り線のプラットホームに立った時、レールを挟んで向こう側には
いつもたくさんの人がいる。
反して彼女が立つホームには彼女のほかにひとりかふたり。
それはまるで劇場やホールのステージと観客席のようなのだ。


彼女は少し離れたところにいる共演者に目をやる。
いつなんどきも80%を超える確率で彼らはスマホに目をやっている。
彼女には目もくれない。

彼女はおずおずとベンチに腰をかける。
向かい側の観客達を見ないふりをする。
彼らはカボチャでイモだ・・・!


一瞬目をやるとなぜか向こう側の人間に限ってスマホをあまり見ていないような気がする。
それよりも面白い何かがステージ上にあるかのようにこちら側をみている。
彼女はその凝視を意識する自分に気付く。


そしてまっすぐに前を向く。


駅はステージだ。
彼女の中で今駅はラピュタではなくステージになっている。



彼女のおでかけー駅

-彼女の話

執筆者:

関連記事

ランドリー・ニューヨーク

ランドリー・ニューヨーク

彼女はこたつ布団をようやく剥がした。 寒がりの彼女にようやく春がやってきたというわけだ。 ある夜こたつ布団を持ってコインランドリーへ向かった。 車が使えないので、イケアの大きな青い袋に入れ自転車のカゴ …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

noimage

彼女のペルソナ

彼女は「いつも100匹くらい猫かぶって生きてるから」と少し自虐的に笑う。 相手によっては「200匹になったり、10匹くらいになったりする」らしく 見ていても彼女はかなりうまく「猫をかぶって」いる。女優 …

ヘドロの中で

ヘドロの中で

「ヘドロの中で生殺しにされている気分だ」 僕はこの日、点滴にするか牛乳プリンにするかで悩んでいた。 点滴は今の彼女を直接的に物理的に助けることを明らかだった。 ただし僕の記憶では彼女は牛乳プリンが実は …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ