彼女の話

空腹の彼女

投稿日:

彼女の体は燃費が悪い。
普段から少ししか食べない。
その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。
もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。
もちろん実際には大した量は食べていないので、すぐにお腹がすく。
なので、可能であれば一日5食とか6食とか少しずつ何回も食べてれば人並みのエネルギーが摂れるかもしれない。
しかしそんなことは仕事に出てしまえばできっこない。
せいぜいお菓子をつまむくらいかもしれないが、彼女は落ち着かない場所で物を食べるのが好きじゃない。
なにか差し入れをもらっても、そこで食べることなく持ち帰る。

そんなわけで彼女の腹はしょっちゅうグウグウなっている。
彼女はそれで自分はしっかりお腹が空く健康な人間だと満足している。
最近は腹が鳴ると美容だかアンチエイジングになるだか言ってドヤ顔して見せることさえある。
それは別に否定しないが、しっかり食べて鳴らせと僕は言いたい。

しかし空腹の彼女というのはあまり良くない。
彼女はお腹が空いた、と気付くまでが遅い。
「ああ、なんだか少しお腹が空いたな」ということがない。
さっきまで元気だったのに、次に覗いたときにはもう顔が死んでいるのである。

不機嫌になる、ということはないのだが、もう全く元気がなくなってしまう。
「お腹が空いた・・・」と呟いたきりまったく話さなくなる。
そして眠気に襲われる。
こういうときすぐに食べるものがあれば彼女も口にするのだが、
なければそのまま眠ってしまうので、また腹に何か入れるのが延期されてしまうのだ。

原因はいろいろあるが、甲状腺に軽い病気をもっているのでそのせいでもともと血糖値も低い。
子供の頃は自分で空腹の管理が今以上にできなかったために、時々血糖値の急低下でぶっ倒れていた。


最近は個包装になっている食品を持ち歩いたりしているが、アラームでも設定しておかないと食べるのを忘れてしまう。
このなぜ空腹にギリギリになるまで気づかないのか、彼女は自分でもどうも分からないという。


空腹の彼女

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

彼女を包む音

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。 近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。 色んなさえずりが聞こえてくる。 時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。 その足音はなんと …

noimage

箱の中の

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう …

彼女と大きな存在

彼女と大きな存在

彼女は大きいものをこわがる。 おそらく巨大物恐怖症というやつだと思われるが、一番最初に怖がったものは壁画だった。 小学生の時に学校行事で訪れた公民館に大きなモザイク壁画があり、 振り返った目先に突然現 …

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ