彼女の話

空腹の彼女

投稿日:

彼女の体は燃費が悪い。
普段から少ししか食べない。
その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。
もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。
もちろん実際には大した量は食べていないので、すぐにお腹がすく。
なので、可能であれば一日5食とか6食とか少しずつ何回も食べてれば人並みのエネルギーが摂れるかもしれない。
しかしそんなことは仕事に出てしまえばできっこない。
せいぜいお菓子をつまむくらいかもしれないが、彼女は落ち着かない場所で物を食べるのが好きじゃない。
なにか差し入れをもらっても、そこで食べることなく持ち帰る。

そんなわけで彼女の腹はしょっちゅうグウグウなっている。
彼女はそれで自分はしっかりお腹が空く健康な人間だと満足している。
最近は腹が鳴ると美容だかアンチエイジングになるだか言ってドヤ顔して見せることさえある。
それは別に否定しないが、しっかり食べて鳴らせと僕は言いたい。

しかし空腹の彼女というのはあまり良くない。
彼女はお腹が空いた、と気付くまでが遅い。
「ああ、なんだか少しお腹が空いたな」ということがない。
さっきまで元気だったのに、次に覗いたときにはもう顔が死んでいるのである。

不機嫌になる、ということはないのだが、もう全く元気がなくなってしまう。
「お腹が空いた・・・」と呟いたきりまったく話さなくなる。
そして眠気に襲われる。
こういうときすぐに食べるものがあれば彼女も口にするのだが、
なければそのまま眠ってしまうので、また腹に何か入れるのが延期されてしまうのだ。

原因はいろいろあるが、甲状腺に軽い病気をもっているのでそのせいでもともと血糖値も低い。
子供の頃は自分で空腹の管理が今以上にできなかったために、時々血糖値の急低下でぶっ倒れていた。


最近は個包装になっている食品を持ち歩いたりしているが、アラームでも設定しておかないと食べるのを忘れてしまう。
このなぜ空腹にギリギリになるまで気づかないのか、彼女は自分でもどうも分からないという。


空腹の彼女

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

この冬の彼女

訪ねたとき彼女はいなかった。この気温の低い時期、彼女が外出することはほとんどない。一瞬変な感じがしないでもなかったが、そう、彼女は「特に生きたくもないが、死にたくもない」のだ。どこかにいる。 近所をウ …

noimage

エビ反りする彼女

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。 もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと 少し背筋が寒くなった。 確かに彼女は静かに横 …

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

noimage

退行する彼女

彼女は自分は成長どころか退行していると感じている。 彼女はNと相変わらず連絡をとっていない。 Nからは、週末を使った小旅行に行かないかと誘いがあったのだが答えていない。 読んだときは何も思わなかった。 …

noimage

彼女の年賀状

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。 彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年8月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ