彼女の話

ふきとぜんまい

投稿日:2017年4月19日 更新日:

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。
見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、
知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。
(なんだか余計分かりにくいが。)


(ちなみに彼女は普段他人の手作りというのはよほど親しい人でない限り食べたがらない。
すみません。)
彼女は買ってくる味にも自分の味にも飽き飽きしていたところだったので、
知らない誰かの味というものに「お」と新鮮な気持ちになった。


スーパーの惣菜のパックに4種類。

しいたけ
ふき
ぜんまいの紫蘇和え(?)
ぜんまいと卵の和え物


「おお」

季節の野菜。
全体的に茶色いビジュアルだったが、季節の野菜はピカピカしてみえた。

味付けは彼女には濃かった。
でもそれ以上に季節の野菜たちの風味が主張してきた。
彼女は「むーーーーーーーーふっっ」と鼻息をふいた。
ふきの香りが鼻から抜けていったようだった。

しいたけはもはや茶色く煮詰められたイカかと思われるほどつるつるしていた。
噛むとじゅわわわんと出汁が染み出てきた。

ぜんまいは2種類入っていて、卵和えより紫蘇和えみたいなものが彼女は大変気に入った。
実際紫蘇和えかは分からなかったが、ほんわり紫蘇みたいな梅干しみたいな味がしたのだ。
味が一番薄くて、ぜんまい!らしい一番春を感じた。


彼女は「冷めてもおいしいなぁ」とかみしめた。
「あたたかいなぁ」とも思った。

これを分けてくれた知り合いが言うには
作ってくれた人はその地域のみんなのお母さん的な存在の人で、
時折こうやって何物か作っては周りの人たちに分けているそうなのである。


「春だなぁ
あたたかいなぁ」

もったいなくて彼女は半分次の日のためにわざと残した。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

noimage

水面に浮かび上がる絵

田植えの時期だ。 彼女は少しずつワクワクし始める。 今年の梅雨は降水量が少ないようだ。 梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。 彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるた …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ