彼女の話

ふきとぜんまい

投稿日:2017年4月19日 更新日:

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。
見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、
知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。
(なんだか余計分かりにくいが。)


(ちなみに彼女は普段他人の手作りというのはよほど親しい人でない限り食べたがらない。
すみません。)
彼女は買ってくる味にも自分の味にも飽き飽きしていたところだったので、
知らない誰かの味というものに「お」と新鮮な気持ちになった。


スーパーの惣菜のパックに4種類。

しいたけ
ふき
ぜんまいの紫蘇和え(?)
ぜんまいと卵の和え物


「おお」

季節の野菜。
全体的に茶色いビジュアルだったが、季節の野菜はピカピカしてみえた。

味付けは彼女には濃かった。
でもそれ以上に季節の野菜たちの風味が主張してきた。
彼女は「むーーーーーーーーふっっ」と鼻息をふいた。
ふきの香りが鼻から抜けていったようだった。

しいたけはもはや茶色く煮詰められたイカかと思われるほどつるつるしていた。
噛むとじゅわわわんと出汁が染み出てきた。

ぜんまいは2種類入っていて、卵和えより紫蘇和えみたいなものが彼女は大変気に入った。
実際紫蘇和えかは分からなかったが、ほんわり紫蘇みたいな梅干しみたいな味がしたのだ。
味が一番薄くて、ぜんまい!らしい一番春を感じた。


彼女は「冷めてもおいしいなぁ」とかみしめた。
「あたたかいなぁ」とも思った。

これを分けてくれた知り合いが言うには
作ってくれた人はその地域のみんなのお母さん的な存在の人で、
時折こうやって何物か作っては周りの人たちに分けているそうなのである。


「春だなぁ
あたたかいなぁ」

もったいなくて彼女は半分次の日のためにわざと残した。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

人が好き至上主義者と彼女

彼女には劣等感がある。 幼いころは大きくなれば他の人と同じように周りとうまく付き合っていけるだろうと思っていた。 今自分がそうできないのは、まだ小さいからだと。 今は算数ができないけれど、大人になれば …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ