彼女の話

投稿日:

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。
城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。
そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。


嫌いな音が多い。

改造車やバイクのあの喉の奥に重くのしかかってくるような
ドォンとか「ブドンブドン」とかいうエンジン音は彼女の一番嫌うところだ。
それから隣人の生活音やぼそぼそ聞こえてしまう話声。
閉め足りなくて、ぽちゃんぽちゃんシンクを叩き続ける蛇口のしずく音。
どれも気が狂いそうになる。
いつもは聞こえてこないはずの雑音や機械の故障などのおかしな音も気になって仕方ない。


救急車のサイレンの音には反応する。
あの白い箱の中で起こっていることを想像して
「あまりひどくありませんように」と音を耳にする度いつも祈っている。


彼女は音楽を聴くのは好きだ。

音楽をかけるときは多くの人と同じように
大抵そういった気分になる必要であることが多い。
たとえば仕事に行く前、元気が出る音楽を聴く、とか
外から帰ってきたときの緊張と興奮のせいで
いつもの静けさに溶け込めない時に聴くやさしい音楽とか。
今の気持ちを代弁してくれる歌詞を求めて、とか。

音楽はいつも彼女を助けてくれる。
彼女がひとりでいることができるのも音楽のおかげであるところが大きい。


彼女にとって音ほど好き嫌いが激しいものもあまりない、と思う。
光とか味とかアートとかは別に興味がなくても不快感、とまではいかないのである。
「おう、そういうものがあるのか、あまり好きではないけれど」で留まる。


決して受け入れられないことがある、という点で
音は人間に近い、と彼女は言う。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

3月11日-ある春の日

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。 紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから 無色透明のばっとした熱さの水の中に 無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。 それは、そ …

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

noimage

ベスト

職場からの帰り道、彼女はよくその日のことを省みる。そして自然と”ベストではなかったこと”を探す。どうしてそれがベストだと思えないのか。モヤモヤしながらその理由を考えようとする。理由が思いつかないと自分 …

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

PREV
NEXT
腱鞘炎
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ