彼女の話

投稿日:

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。
城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。
そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。


嫌いな音が多い。

改造車やバイクのあの喉の奥に重くのしかかってくるような
ドォンとか「ブドンブドン」とかいうエンジン音は彼女の一番嫌うところだ。
それから隣人の生活音やぼそぼそ聞こえてしまう話声。
閉め足りなくて、ぽちゃんぽちゃんシンクを叩き続ける蛇口のしずく音。
どれも気が狂いそうになる。
いつもは聞こえてこないはずの雑音や機械の故障などのおかしな音も気になって仕方ない。


救急車のサイレンの音には反応する。
あの白い箱の中で起こっていることを想像して
「あまりひどくありませんように」と音を耳にする度いつも祈っている。


彼女は音楽を聴くのは好きだ。

音楽をかけるときは多くの人と同じように
大抵そういった気分になる必要であることが多い。
たとえば仕事に行く前、元気が出る音楽を聴く、とか
外から帰ってきたときの緊張と興奮のせいで
いつもの静けさに溶け込めない時に聴くやさしい音楽とか。
今の気持ちを代弁してくれる歌詞を求めて、とか。

音楽はいつも彼女を助けてくれる。
彼女がひとりでいることができるのも音楽のおかげであるところが大きい。


彼女にとって音ほど好き嫌いが激しいものもあまりない、と思う。
光とか味とかアートとかは別に興味がなくても不快感、とまではいかないのである。
「おう、そういうものがあるのか、あまり好きではないけれど」で留まる。


決して受け入れられないことがある、という点で
音は人間に近い、と彼女は言う。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

noimage

バランスボールの中の小人

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

noimage

コラージュ惹起

コラージュとはチラシとか雑誌とか新聞とかの切り抜きや、 麻布とか糸とか針金とかを紙やキャンパスに貼り付けられてできる作品たちのことだ。 誰でも一回くらいはみたことがあると思うのだが、 自分の好きなもの …

彼女と絵: 『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)』

彼女が世界でいちばん好きな黄色はゴッホの『夜のカフェテラス』の黄色だ。 ゴッホが黄色を多用したのは有名な話だが、例によって彼女も世界中の多くの人たちと同じくあの黄色を愛している。 ゴッホは弟テオへ送っ …

PREV
NEXT
腱鞘炎
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ