彼女の話

プラグマティックシャッター

投稿日:2017年2月6日 更新日:

だから彼女はだれとも親しくならない。

少しよく話すようになった人がいても、どこかのある一線の手前で
意図的にまたは恣意的にまたは無意識に突き放す一言を発する。
そして相手は”こんな人だったのか”と思って去っていく。
時には寂しさを、怒りを、失望を露わにして、その人たちは彼女に背を向ける。
彼女はほっとする。


そして罪悪感をもつ。
自分が少し油断してしまったばっかりに相手に期待させ、そのくせ怖くなってとたんにシャッターを下ろしてしまうことに。
「ああ、最初からあんなに親しげにするのではなかった」
「次は気をつけよう、もう誰ともあんな風には接しないようにしよう」
「自分も面倒、相手も傷つく。いいことは一つも残らない」


でも実際は彼女はこれを繰り返している。
ときどき彼女に踏み込んで来ようとする人たちは大抵「いい人」だったりする。
だから彼女の仮面は「油断して」外れかけ、突如相手が自分の目の前に迫っている現実と”自分の現実”のはざまで慌ててしかしハッキリと音を立ててシャッターを引き下ろす。

なぜ繰り返すのか。
それは仮面と同じでこのシャッターも彼女にとってよくも悪くも必要でかなり実用的であるからなのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

ふきとぜんまい

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

noimage

彼女と『深夜特急』

彼女がはじめて『深夜特急』を知ったのはある年の正月で ドラマ『劇的紀行 深夜特急』三作が三箇日にわたって一話ずつ放映されたのがきっかけだった。 今思えば年が明けて早々の深夜(放映は深夜だった)になぜ『 …

noimage

燻る-くすぶる

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

noimage

2020/01/18

彼女の先延ばし癖

noimage

2020/01/17

子どもたち

noimage

2020/01/16

非日常

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ