彼女の話

プラグマティックシャッター

投稿日:2017年2月6日 更新日:

だから彼女はだれとも親しくならない。

少しよく話すようになった人がいても、どこかのある一線の手前で
意図的にまたは恣意的にまたは無意識に突き放す一言を発する。
そして相手は”こんな人だったのか”と思って去っていく。
時には寂しさを、怒りを、失望を露わにして、その人たちは彼女に背を向ける。
彼女はほっとする。


そして罪悪感をもつ。
自分が少し油断してしまったばっかりに相手に期待させ、そのくせ怖くなってとたんにシャッターを下ろしてしまうことに。
「ああ、最初からあんなに親しげにするのではなかった」
「次は気をつけよう、もう誰ともあんな風には接しないようにしよう」
「自分も面倒、相手も傷つく。いいことは一つも残らない」


でも実際は彼女はこれを繰り返している。
ときどき彼女に踏み込んで来ようとする人たちは大抵「いい人」だったりする。
だから彼女の仮面は「油断して」外れかけ、突如相手が自分の目の前に迫っている現実と”自分の現実”のはざまで慌ててしかしハッキリと音を立ててシャッターを引き下ろす。

なぜ繰り返すのか。
それは仮面と同じでこのシャッターも彼女にとってよくも悪くも必要でかなり実用的であるからなのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

純音の朝

純音の朝

いつまでこんな夜を いつまでこんな朝を 一体いつまで、続けるのだろう。 どうしてこうなってしまったんだろう。 どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。 毎朝聴くあの無機質な音。 彼女自身が作 …

noimage

彼女のもとに年賀状が届いた。学生時代お世話になった先生だ。おそらく彼女が唯一毎年年賀状を出している人だが、昨年喪中だったせいか今年もなんとなく出すのが億劫になっていた。他にも出す相手が変わってもなんだ …

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ