彼女の話

彼女の買い物

投稿日:

彼女はなかなかの倹約家だ。
もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。


彼女は普段かなり質素に暮らしている。
特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。
だから通常お金を使うことと言ったら食費とか週末に飲むお酒くらいだろうか。

今持っているものでなんとかなれば新しく物を買うこともない。
修理したり補修したりして、できるだけ長く使う。
物が増えることを嫌うので、ただカワイイとか言う理由で物を買うこともない。
買い物に行っても必要でかつとてもとても気に入らなければ城には連れ帰らない。


そんな彼女も年に2回くらい「ドカ買い」してくるときがある。
それは主にアウトレットモールがセールをするときらしいのだが、
この時彼女は「たくさん」買う。

「たくさん」「たくさん」というのだが、普通の女子から見れば
一年に買う数や金額としてはかなり「たくさん」ではない。
(セール中のモールは混み合うので、あまり長くは居られないことも要因だろう。)

彼女は50~80%以上OFFになっているもので、
ベーシックであまり流行を選ばない、それでいて浮きすぎない明るい色味のものを買う。
最近特にお買い得で大変気に入ったのは靴で、
本革にエナメルが塗られたパンプスと春用のショートブーツなのだと自慢してみせる。
彼女は一度買うと長く大事に使うたちなので、こと革製品は助かるのだ。


そうやってみていると、彼女のもとに来たモノたちは幸せだよなと思う。
どれもしまい込まれずむしろ使い込まれているし、なんとなくある、というようなものも少ない。
手放すときもできるだけきれいにしてリサイクルできるものはしているようだ。


買い物はあまり頻繁に行く必要はない分、行くと結構楽しんで帰ってくる。
ただし、服や靴に関してはもう少し活躍させてあげられるよう
今年は外出を増やしたいと思っているようだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

noimage

彼女の乏しい注意力

彼女を見ていると、ほと集中力がまったくないのがよくわかる。いや、集中力がない、というよりは気が激しく分散していると言った方が正しい。同じことだろうと思われるかもしれないが、例えば本を読む、映画をみる、 …

noimage

消えた野良犬たち

彼女は『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きで何度も観ている。 ある人と地域猫の話をしている時、彼女はふと そういえば最近野良犬を全く見ない、と気付いた。 地域犬というのは聞きませんね、と言うと その人は『犬 …

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。 そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。 これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、 その …

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ