彼女の話

どうしようもないこと

投稿日:2017年2月26日 更新日:

昨夜から彼女は貝になってしまった。
何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。
酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように
ときどきゲホゲホと咳き込んだ。

すごく眠そうにしていたからすぐ眠るだろうと思っていたが、
布団に入っても2時間以上ゲホゲホいいながら鼻をすすっていた。
僕は久しく渡すことのなかった安定剤を渡した。
すごく小さい錠剤だからときどき奥歯とほっぺたの間に挟まったままになったりするので、
きちんと飲み込んだか訊いたが、
彼女は死んだ魚の目をさせて静かにふとんに戻っていった。
彼女の真っ黒な瞳がすべてをどこまでも吸い込んでいくブラックホールみたいに見えた。

僕は帰ることにした。


今朝見た彼女の目は真っ赤に腫れていた。
顔を洗って化粧水が凍みるたびに苦痛に顔をゆがませた。

とにかく何か食べさせないといけない。
買ってきた彼女のお気に入りのくるみパンをトーストしてコーヒーと一緒に渡すと食べた。
昼は食べなかった。

ずっと何かにとりつかれたように頭をゆらゆらさせながらどこか他の国だか世界だかにいっているみたいだった。
ときどき頭を振ったり、静かに涙を流したり、重い頭を必死で支えようとしていた


僕は帰ることにした。
どうしていいかわからないし。
夜は食べたか分からないけど。


でもスケッチブックを取り出していたから、きっと大丈夫だと思うんだよね。



どうしようもないこと

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

PREV
痛み
NEXT
彼女の恥
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ