彼女の話

どうしようもないこと

投稿日:2017年2月26日 更新日:

昨夜から彼女は貝になってしまった。
何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。
酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように
ときどきゲホゲホと咳き込んだ。

すごく眠そうにしていたからすぐ眠るだろうと思っていたが、
布団に入っても2時間以上ゲホゲホいいながら鼻をすすっていた。
僕は久しく渡すことのなかった安定剤を渡した。
すごく小さい錠剤だからときどき奥歯とほっぺたの間に挟まったままになったりするので、
きちんと飲み込んだか訊いたが、
彼女は死んだ魚の目をさせて静かにふとんに戻っていった。
彼女の真っ黒な瞳がすべてをどこまでも吸い込んでいくブラックホールみたいに見えた。

僕は帰ることにした。


今朝見た彼女の目は真っ赤に腫れていた。
顔を洗って化粧水が凍みるたびに苦痛に顔をゆがませた。

とにかく何か食べさせないといけない。
買ってきた彼女のお気に入りのくるみパンをトーストしてコーヒーと一緒に渡すと食べた。
昼は食べなかった。

ずっと何かにとりつかれたように頭をゆらゆらさせながらどこか他の国だか世界だかにいっているみたいだった。
ときどき頭を振ったり、静かに涙を流したり、重い頭を必死で支えようとしていた


僕は帰ることにした。
どうしていいかわからないし。
夜は食べたか分からないけど。


でもスケッチブックを取り出していたから、きっと大丈夫だと思うんだよね。



どうしようもないこと

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と税金

彼女は別に貧乏ではないがお金持ちでもない。 大体は根っからの倹約家であるため、ムダにお金を使うこともないが、 かといってその時に必要だと思えば大枚をはたくこともあまりいとわない。 この間のように2か月 …

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

数字と中学生と彼女

数字と中学生と彼女

彼女は数字が大嫌いだ。 彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。 この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。 聞けばこの子はもう数学教師がもはや日 …

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

PREV
痛み
NEXT
彼女の恥
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ