彼女の話

彼女と絵 :柴田鋭一『せっけんのせ』

投稿日:

彼女は今年”Art Calendar by Three Artist 2017”というタイトルのカレンダーを貼っている。
タイトル通り、3人のアーティストの作品が月替わりで印刷されている。

その中に柴田鋭一さんという画家の絵がある。
彼女は彼の作品が大変好きで、彼の目が一度目に留まるとしばらくそこから動かない。
5月は柴田さんの絵の月なもので、彼女はしょっちゅうぼんやり眺めている。


彼女は色を使わないから、彼の作品の色に惹かれるようだ。
それから彼の絵を見て、彼女は指頭画を描くようになった。
腱鞘炎が悪化してしばらくは点描画が描けないし、
点でなくても当分長時間何かを握る作業から遠のいている。
柴田さんは指頭画を描いているわけではないが、
そののびのびとした作品を羨ましがって、
彼女はできるだけぎゅいんぎゅいん自由に、指を黒や白でべちょべちょにしながら描く。

「ぜんぶぜんぶ塗りつぶしてしまいたくなる」

塗りつぶし終えると軽く呼吸が乱れている。
描いている間心が全力疾走しているか、息を止めているのかもしれない。


書き終えた自分の絵と、壁にぶら下がっている柴田さんの絵を交互に見比べて
なんだかなぁというように彼女は首をかしげて困っている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

noimage

3月11日-ある春の日

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。 紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから 無色透明のばっとした熱さの水の中に 無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。 それは、そ …

noimage

メロディの輪郭

涼しくなってきて、彼女は職場への道を再び歩くようになった。 イヤフォンを使うことが少なくなった。 空想の宇宙から離れて目の中に入ってくるものを見ている。 うつむいた先に安物の革のぺたんこ靴、顎を上げる …

noimage

ライフ

映画『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』の冒頭では HSPにはかなり耳障りな時計の秒針音がつづく。 最初の3分間にも満たないわずかな時間の …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ