彼女の話

彼女とゴミ

投稿日:

彼女は意外とエコな人だ。
彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。
(寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、
冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除けば、だが。)


その最たるところはゴミだ。
燃えるゴミは小さく結んだりできるものは結んでできるだけコンパクトにして捨てる。
彼女曰くゴミ袋を買うのがもったいないからできるだけたくさんゴミ袋に入れるためなのだそうだ。
以前はプラスチックゴミも分別できるところに住んでいたのが、
今は燃えるゴミに入れなくてはならず、彼女はいつももったいないなぁと思っている。
再利用しないのもゴミ袋がすぐにいっぱいになってしまうのも。


アルミ缶と紙ゴミは近くの小学校で収集しているので、
たくさん溜ったら持っていくようにしている。
そうでなければゴミとして捨てなければならないが、
何になるか知らないが何かになるなら持っていこうといつもまとめてとっておく。

紙ゴミにしても、封筒や納品書なんかは自分の個人情報部分だけわざわざ切り取ってシュレッダーにかけ、
残りの大部分はリサイクルとして出す。
菓子箱なんかの見ただけで分別が難しい紙は手でちぎってみる。
ちぎって表面にビニールがついてくればそれは紙ゴミといて再利用はできないのだそうだ。


トレーや牛乳パックも洗って近くの収集しているスーパーへ持っていく。
スーパーもどんなトレーでも収集しているわけではないから
リサイクルマークのチェックも余念がない。


割れてしまった食器や鏡なんかは新聞紙にくるんでデカデカと
「注意!割れたグラスです。」とか書いて貼っている。
燃えないゴミを分別する人たちだってケガをしないよう特別な手袋などはめているのだろうけど、
彼女は彼らが働く姿を、自分のゴミ袋を開いて、自分からのメッセージに目をやる彼らの姿を想像する。
「もう少し大きく書かないと急いで仕事をこなしている人は気づかないかもしれない」と
わざわざ書き直したりする。


彼女は毎日毎日ひとりしかいないのにゴミが出ない日はほんとにないなと辟易する。
捨てられるために生まれているようなゴミも時々ある。
彼女はときどきそんな存在を気の毒に思いながらそっとゴミ箱の底に置くのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

(no title4)

noimage

消えた野良犬たち

彼女は『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きで何度も観ている。 ある人と地域猫の話をしている時、彼女はふと そういえば最近野良犬を全く見ない、と気付いた。 地域犬というのは聞きませんね、と言うと その人は『犬 …

noimage

いちねんせいのかのじょ2

彼女はそもそも学校を思い出すのも苦手だ。 小学校も中学校も高校も大嫌いだった。 小学校に入学してから数ヶ月間、彼女は教室へ行けなかった。 いつもお腹を痛がって保健室で過ごしていた。 仮病だと言われたり …

ランドリー・ニューヨーク

ランドリー・ニューヨーク

彼女はこたつ布団をようやく剥がした。 寒がりの彼女にようやく春がやってきたというわけだ。 ある夜こたつ布団を持ってコインランドリーへ向かった。 車が使えないので、イケアの大きな青い袋に入れ自転車のカゴ …

表面下の世界

表面下の世界

「表面の世界でも生きていける。 そしてそれはそんなに悪くない。」 自分は一体何を表現すればいいのだろう。 文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、 それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ