彼女の話

彼女とゴミ

投稿日:

彼女は意外とエコな人だ。
彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。
(寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、
冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除けば、だが。)


その最たるところはゴミだ。
燃えるゴミは小さく結んだりできるものは結んでできるだけコンパクトにして捨てる。
彼女曰くゴミ袋を買うのがもったいないからできるだけたくさんゴミ袋に入れるためなのだそうだ。
以前はプラスチックゴミも分別できるところに住んでいたのが、
今は燃えるゴミに入れなくてはならず、彼女はいつももったいないなぁと思っている。
再利用しないのもゴミ袋がすぐにいっぱいになってしまうのも。


アルミ缶と紙ゴミは近くの小学校で収集しているので、
たくさん溜ったら持っていくようにしている。
そうでなければゴミとして捨てなければならないが、
何になるか知らないが何かになるなら持っていこうといつもまとめてとっておく。

紙ゴミにしても、封筒や納品書なんかは自分の個人情報部分だけわざわざ切り取ってシュレッダーにかけ、
残りの大部分はリサイクルとして出す。
菓子箱なんかの見ただけで分別が難しい紙は手でちぎってみる。
ちぎって表面にビニールがついてくればそれは紙ゴミといて再利用はできないのだそうだ。


トレーや牛乳パックも洗って近くの収集しているスーパーへ持っていく。
スーパーもどんなトレーでも収集しているわけではないから
リサイクルマークのチェックも余念がない。


割れてしまった食器や鏡なんかは新聞紙にくるんでデカデカと
「注意!割れたグラスです。」とか書いて貼っている。
燃えないゴミを分別する人たちだってケガをしないよう特別な手袋などはめているのだろうけど、
彼女は彼らが働く姿を、自分のゴミ袋を開いて、自分からのメッセージに目をやる彼らの姿を想像する。
「もう少し大きく書かないと急いで仕事をこなしている人は気づかないかもしれない」と
わざわざ書き直したりする。


彼女は毎日毎日ひとりしかいないのにゴミが出ない日はほんとにないなと辟易する。
捨てられるために生まれているようなゴミも時々ある。
彼女はときどきそんな存在を気の毒に思いながらそっとゴミ箱の底に置くのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

意味

3月。彼女はまた一つ齢を重ねる。ここ数年の彼女は、誕生日をまたいだ数日間仕事を休むことにしている。何をする、というわけでもないのだが、小さな旅行に行くこともあれば、山に登ることもある。誕生日をまたいで …

noimage

ベスト

職場からの帰り道、彼女はよくその日のことを省みる。そして自然と”ベストではなかったこと”を探す。どうしてそれがベストだと思えないのか。モヤモヤしながらその理由を考えようとする。理由が思いつかないと自分 …

noimage

彼女の先延ばし癖

彼女の先延ばし癖は彼女自身も困ったものだと思っている。彼女の場合それは典型的な完璧主義からくる要因も大きい。完璧にできそうになければ、また今度、となったのが、どんどん積もり積もって本人が一番ウンザリし …

noimage

メロディの輪郭

涼しくなってきて、彼女は職場への道を再び歩くようになった。 イヤフォンを使うことが少なくなった。 空想の宇宙から離れて目の中に入ってくるものを見ている。 うつむいた先に安物の革のぺたんこ靴、顎を上げる …

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ