彼女の話

共鳴する彼女

投稿日:2017年1月29日 更新日:

彼女は知らない人と話すが苦手だ。
それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。

たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、
彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて
あの「どうか話しかけないでください」オーラを醸しても。

たとえば街中にたまに出てみてバスを待っているとき。
群集のなかで無意識に無防備になってしまったりして。


突然彼女は知らない人に話しかけられるのである。
老若男女、日本人、外国人、問わず。


彼女は自分では自分は知らない人と話す人間ではない、と思っているので、
基本的にそんなことは想定していないのだが、だから余計にびっくりする。


彼女がどんなに話しかけられたくないと思っていても、
たとえば職場で新人が慣れてきたころ、”一番話かけやすかった”などと言われるのである。
彼女からすると、良かれ悪かれ、「心外」なのだ。

これまでのそんな人たちの話を総合してみると、
どうも彼女の”見かけ”がそうさせているようなのだが、
彼女自身は自分の見かけなどはかえようがないし、
よく考える癖のせいでしかめっ面になっていることも多いので、
「そんな人に道を訊いたり、写真を頼んだり、よくするものだ」と不思議がっている。


でも僕は知ってる。
彼女は実はとても気にしている。
まるで自分のことのように気にしている。
職場に新しい人がやってきたとき、
「はじめての場所、初めての人、初めての人たち。あぁ、疲れるだろうな、大変だろうな」と思っていること。
バス停で一緒に立つ隣の外国人に
「この人、韓国の人だな。地図見るだけで乗るバス分かるのかな、どこ行くのかな」と思っていること。


彼女は知ってか知らずか、いつの間にか困った彼らと共鳴しているのかもしれない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

におい

彼女の鼻は大抵詰まっている。 なので匂いにはそんなに敏感ではないはずなのだが、 そんな時でもやたらと気になる匂いというのがいくつかある。 まず決して受けつけないのはタバコの臭いだ。 これはいついかなる …

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

2020/01/18

彼女の先延ばし癖

noimage

2020/01/17

子どもたち

noimage

2020/01/16

非日常

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ