彼女の話

彼女とHSSと著作権と僕4

投稿日:

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、
もちろん返事はノーだった。
ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて
文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。
ドクターのアイデアを参考に自分の言葉で伝えてほしい。

リエゾンのおねえさんがくれた返信はとても丁寧なものだった。
分かりきったことを訊いて手を煩わせてしまったが僕は感謝した。



彼女に伝えると少し肩をすくめてみせたが視線を落としただけで何も言わなかった。
自分は言いすぎてしまったとずっと気にしていたからどうリアクションしていいか分からないんだろう。


僕に言いすぎたと気にしているのならその必要はない。
君は何も間違っていないし、僕も嫌な言い方をして悪かったと思っている。

と、言ったとして。
彼女はそれはそれで僕に謝罪をさせてしまったことにおかしな罪悪感を感じてまた気にし始めるに違いない。

それはそうだけど、謝られるとなんで申し訳なくなっちゃうんだろう。
そもそも私謝ってほしかったんだっけ。それが大事なんだったっけ。
いや違うな、ただなんとなく納得できなかっただけなんだ。それを押し付けただけだったんだ。
えーとえーとそれにすごくいやな言い方をしたのはむしろ私のほうだったんだよなぁ・・・

とかね。

だから僕は謝らないよ。
向き合おうとしてくれてありがとう。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ