彼女の話

エビ反りする彼女

投稿日:

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。
もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと
少し背筋が寒くなった。


確かに彼女は静かに横たわっているだけなのだが、
僕はなぜかその姿を眺めて赤ん坊を思い出していた。

彼らは時として自分を守る養育者に対してであっても
文字通り体をエビ反りにして、その全身全霊をかけて大きく拒否をすることがある。
あらんばかりの声と涙を出して、抱える人を拒絶する。

ぺしゃんこに潰れて黙る彼女から
彼女を抱え込む世界へ社会への声なきそして力の限りの忌避の爆風が僕の頬をかすめた気がした。



彼女は仕事を辞めたらしかった。


以前から辞めることになっていて辞めたのか、
突然辞めたのかはわからなかった。
いつ辞めたのかもわからないし、
僕が訪ねるまで彼女は一体どれくらいの間外に出ず、人と言葉をかわしていないのか
何もわからなかった。


最近調子がいいように思っていた。
それだけに今回はその落差が危うい。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

noimage

たくさんの話から

彼女の上司は大変いい人である。 色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。 感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。 彼はおそらくHSPであるようで …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ