彼女の話

エビ反りする彼女

投稿日:

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。
もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと
少し背筋が寒くなった。


確かに彼女は静かに横たわっているだけなのだが、
僕はなぜかその姿を眺めて赤ん坊を思い出していた。

彼らは時として自分を守る養育者に対してであっても
文字通り体をエビ反りにして、その全身全霊をかけて大きく拒否をすることがある。
あらんばかりの声と涙を出して、抱える人を拒絶する。

ぺしゃんこに潰れて黙る彼女から
彼女を抱え込む世界へ社会への声なきそして力の限りの忌避の爆風が僕の頬をかすめた気がした。



彼女は仕事を辞めたらしかった。


以前から辞めることになっていて辞めたのか、
突然辞めたのかはわからなかった。
いつ辞めたのかもわからないし、
僕が訪ねるまで彼女は一体どれくらいの間外に出ず、人と言葉をかわしていないのか
何もわからなかった。


最近調子がいいように思っていた。
それだけに今回はその落差が危うい。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

死人工場

強烈なタイトルにあまり驚く必要はなくて、要するに今回の彼女の夢のイメージはこうだ。ひどく暗い閉鎖的なその場所はほとんどがグレーや黒光り、はがね色サインペンと墨汁色の水彩絵の具で描かれたような場所であっ …

カーテン、そして窓劇場

カーテン、そして窓劇場

彼女は時おりカーテンを開けるようになった。レースカーテンまでみんな開ける。暖かければ窓も開けて外の音をきいている。 彼女がいつもの定位置に腰を下ろすと、その真ん前に空が広がる。 ”現代社会は空が狭くな …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

何を使うか、何を選ぶか、何を口にするかしないか

彼女は洗った食器を並べた棚に見とれていた。彼女は鉄製じゃない限り濡れた食器や調理器具を丁寧に拭いたりしない。セラミック食器もガラス瓶もステンレス鍋も薄明かりの中で水滴がキラキラ輝いていた。プラスチック …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ