HSPとその他の話 彼女の話

彼の生まれてきた意味

投稿日:2017年6月4日 更新日:

彼の話には続きがある。
いや、続きというよりもプロローグというべきか。


別にHSPじゃなくたって、
僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。
ぜんそくで死んだ彼は生きている間、どんなことを考えていたのだろうか。


彼は5人兄弟の次男坊だった。
兄弟はそれぞれがかなり不仲だったというが、
彼がまともに生活し始めてしばらくした頃、
5人兄弟が約20年ぶりに一堂に会する機会があった。
そしてその時彼らは驚くほどに仲良く会話や酒を交わしたそうだ。

彼が亡くなったのはその少し後だった。
残された兄弟たちは、根拠はないが5人を仲良く再会させてくれたのは
この次男坊の彼だったのではないかと感じたという。


これは彼女の勝手な想像だが
(こんなことを言ったら亡くなった人にすごく失礼かもしれないけれど)
生きていた頃、ハチャメチャやっていた彼は
『一体俺は何をやってんだろうな』とか
『なんで生きてんだろうな』とか思ったことがあったんじゃないか。
彼じゃなくたって誰にだってあるんだから。


HSPはよく答えの出ないことを考えて続けている。
人とは、とか
社会とは、とか
生きる意味、とか
存在意義、とか
感情レギュレーターについて、とか。

それから自分が生まれた理由、とか、


彼女は今回の話を聞いて、生まれる理由ってあるのかもしれないな、と思った。
使命とまで言わずとも、少なくとも全く何の意味もございません、
というわけでもなさそうだ、と思った。


彼女は、亡くなった瞬間彼はそのことを知ることができただろうか、と考えている。
そうだったらいいなと願っている。
どうしようもないことも全てが空しくなった時があったかもしれなくても
それがどこかにかつながっているかもしれないことを、彼が思ったならいい。
そしてその残り火がまったく見ず知らずの彼女に希望を与えたということも。



彼の生まれた意味

-HSPとその他の話, 彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

noimage

バランスボールの中の小人

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。 まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。 どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れな …

noimage

彼女は昼寝をする。 あまり長くはしない。   誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。 彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、 視界が明るく感じると眠ること …

棚

僕は図書館にいた。 何とはなしに見上げた棚は医学・心理学・超能力や哲学関係がなどが雑多に並べられていた。 小さな図書館ではよくこういった、とりあえず”あなたの心身に関することの棚です”といったような一 …

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ