HSPとその他の話 彼女の話

彼の生まれてきた意味

投稿日:2017年6月4日 更新日:

彼の話には続きがある。
いや、続きというよりもプロローグというべきか。


別にHSPじゃなくたって、
僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。
ぜんそくで死んだ彼は生きている間、どんなことを考えていたのだろうか。


彼は5人兄弟の次男坊だった。
兄弟はそれぞれがかなり不仲だったというが、
彼がまともに生活し始めてしばらくした頃、
5人兄弟が約20年ぶりに一堂に会する機会があった。
そしてその時彼らは驚くほどに仲良く会話や酒を交わしたそうだ。

彼が亡くなったのはその少し後だった。
残された兄弟たちは、根拠はないが5人を仲良く再会させてくれたのは
この次男坊の彼だったのではないかと感じたという。


これは彼女の勝手な想像だが
(こんなことを言ったら亡くなった人にすごく失礼かもしれないけれど)
生きていた頃、ハチャメチャやっていた彼は
『一体俺は何をやってんだろうな』とか
『なんで生きてんだろうな』とか思ったことがあったんじゃないか。
彼じゃなくたって誰にだってあるんだから。


HSPはよく答えの出ないことを考えて続けている。
人とは、とか
社会とは、とか
生きる意味、とか
存在意義、とか
感情レギュレーターについて、とか。

それから自分が生まれた理由、とか、


彼女は今回の話を聞いて、生まれる理由ってあるのかもしれないな、と思った。
使命とまで言わずとも、少なくとも全く何の意味もございません、
というわけでもなさそうだ、と思った。


彼女は、亡くなった瞬間彼はそのことを知ることができただろうか、と考えている。
そうだったらいいなと願っている。
どうしようもないことも全てが空しくなった時があったかもしれなくても
それがどこかにかつながっているかもしれないことを、彼が思ったならいい。
そしてその残り火がまったく見ず知らずの彼女に希望を与えたということも。



彼の生まれた意味

-HSPとその他の話, 彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

noimage

知覚過敏

彼女は再び知覚過敏に悩まされている。 知覚過敏というのは、何らかの原因で歯の表面のエナメル質が剥がれ落ち 象牙質がむき出しになることで、神経に刺激が伝わりやすくなり痛みとなってしまう症状だ。 予防歯科 …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

棚

僕は図書館にいた。 何とはなしに見上げた棚は医学・心理学・超能力や哲学関係がなどが雑多に並べられていた。 小さな図書館ではよくこういった、とりあえず”あなたの心身に関することの棚です”といったような一 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ