彼女の話

彼女の先延ばし癖

投稿日:


彼女の先延ばし癖は彼女自身も困ったものだと思っている。
彼女の場合それは典型的な完璧主義からくる要因も大きい。
完璧にできそうになければ、また今度、となったのが、
どんどん積もり積もって本人が一番ウンザリしている。

時間がない時には無性にそれらを片付けたくなってしまうが、
いざ時間があっても今度はやる気がないようで、
そんなときなちょこんと座り込んだまま日がな一日ぼんやりしている。
人によっては喉から手が出るほど贅沢な時間だ。
それはそれで悪くはないのだが。

ずっと書き続けているが、彼女は自分の城にいるのが大好きだ。
ただしその場所は今や先延ばしの巣窟となっている。

Todoリストなんかはもちろんやらせてみたことはあるのだが、
作っているうちに小さいことが気になって修正を繰り返し、
もはやTodoリスト作成のための作業となり
本末転倒な結果に終わってしまった。
そもそも直感型の彼女にはハナから合っていない。

すぐにでもやらなければならないこと。
できれば早く着手する必要があること。
長いこと気になったままになっている様々なこざこざ。
そしてやりたいこと。

本当は分かっている。
そのどれもが小さなこと。
小さな世界でいつの間にか一つ一つが大ごと化してしまっただけ。
すべてにきちんと向かい合って片付けていかなければならないと。
彼女がただ思い込んでいるだけ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

noimage

安心のための食いしばり

彼女の城は彼女にとって大体は心地のいい場所であることは間違いないが、僕はそこで落ち着かない。冬の彼女の大事なパートナーコタツはテレビの正面に配置されている。映画をみるときの彼女の定位置だ。ただしコタツ …

noimage

随時更新予定

欲求 回避依存 快晴 不信 恋 強くない体 良心 人 HSP 感情 ペルソナ LINE 信頼 疑問 頭痛 彼女を孤独にさせるもの。 彼女を彼女たらしめているもの。 随時更新予定。

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ