彼女の話

純音の朝

投稿日:

いつまでこんな夜を
いつまでこんな朝を
一体いつまで、続けるのだろう。


どうしてこうなってしまったんだろう。
どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。


毎朝聴くあの無機質な音。
彼女自身が作り出した彼女にしか聴こえない一定音。


何の本で読んだかもう憶えていない。


100年のさみしさ


言葉を読み終える前に、目にしただけで涙した。
「100年つづくさみしさ」
「なんという途方のない感情だろう」



この季節彼女は毎朝思い出す。
あの言葉で声を出して泣いたこと。
あれからあの音が彼女にまとわりついて離れない。



純音の朝

注意
純音は不快に感じる人もいます。
興味をもったらHSPは最初は小さな音で聴くことをおすすめします。
びっくりするかもしれないから。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

”HSPは恋に落ちやすい” この”恋”は本当に恋だろうか。 彼女が恋をしているかもしれない。 しかもガチでリアルかもしれない。 もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。 彼女の恋愛 …

朽ちかけの大木

彼女の写真: 朽ちかけの大木

彼女は写真を撮る。見るのも撮るのもマクロの写真が好きだ。 その中でも朽ちかけた木を特に愛する。 なぜかはよく分からない。   ちなみに彼女はカバやゾウも好きで、 朽ちかけた木の皮はそんな彼ら …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ