彼女の話

純音の朝

投稿日:

いつまでこんな夜を
いつまでこんな朝を
一体いつまで、続けるのだろう。


どうしてこうなってしまったんだろう。
どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。


毎朝聴くあの無機質な音。
彼女自身が作り出した彼女にしか聴こえない一定音。


何の本で読んだかもう憶えていない。


100年のさみしさ


言葉を読み終える前に、目にしただけで涙した。
「100年つづくさみしさ」
「なんという途方のない感情だろう」



この季節彼女は毎朝思い出す。
あの言葉で声を出して泣いたこと。
あれからあの音が彼女にまとわりついて離れない。



純音の朝

注意
純音は不快に感じる人もいます。
興味をもったらHSPは最初は小さな音で聴くことをおすすめします。
びっくりするかもしれないから。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

なぜ口でキスするのか

  どうしてキスは口でするのか。 いつからヒトは唇でキスするようになったのだろうか。   まつ毛とか鼻とかでキスみたいなことをする人たちも世界にはいるが、 彼女は映画なんかで唇でち …

noimage

彼女の城

彼女は家をとてもとても愛する。 仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。 ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。   彼女は最近DIYにハマってい …

noimage

咬みしめる彼女

先日歯医者に行って撮られた自分の歯を見た彼女は仰天した。 歯にヒビが入っていたのである。それも1本ではない。 彼女には咬みしめる癖がある。 歯医者によると、咬みしめの力は自分の体重ほどもある。 そのエ …

noimage

彼女の味覚

彼女は薄口を好む。 なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。 自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。 あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。 塩だけで済めばそ …

カーテン、そして窓劇場

カーテン、そして窓劇場

彼女は時おりカーテンを開けるようになった。レースカーテンまでみんな開ける。暖かければ窓も開けて外の音をきいている。 彼女がいつもの定位置に腰を下ろすと、その真ん前に空が広がる。 ”現代社会は空が狭くな …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ