彼女の話

偏愛

投稿日:

彼女は好き嫌いが激しい。
嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、
好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。

とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じアーティストの曲ばかり
家でも外でも延々聴いてしまうし、
例の腕時計のように気に入ったものはいつでも自分のそばにおいて何年も何年も使い続けたりする。
気に入っている映画やドラマも繰り返し繰り返し観てしまい、
もし彼女と一緒に生活するようなことがあったら同じシーンのリフレインにきっと辟易するに違いない。

彼女も自分のこの偏愛傾向が不思議で、もっと他にも好きになれるものはあるに決まっているのだから
もっと色々観たりきいたりするようにはしているのだが、
ふっと手をとってしまうのはいつものものだったりするのだ。


そして気づいたのだが、もしかしたらこの偏愛が”誰か”に向くときが
みんなの言う恋だったり愛だったりするのだろうかとはっとした。

今までその感覚は想像の域を越えなかったが、
もしそういうことならばその関係は少し理解できるかもしれないな。
でもどんなに大事に大事にしていても壊れるし、稀に飽きたりすることもあるんだよな、
それが感情をもつ存在になると、やっぱり考えるだけで疲れてしまうなと
また空しいところへ辿り着いてしまった自分の思考と感情を彼女はとても残念に思った。



Predilection

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

安心のための食いしばり

彼女の城は彼女にとって大体は心地のいい場所であることは間違いないが、僕はそこで落ち着かない。冬の彼女の大事なパートナーコタツはテレビの正面に配置されている。映画をみるときの彼女の定位置だ。ただしコタツ …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

noimage

燻る-くすぶる

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

ワガママ

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

彼女は人に好かれるのも苦手だ。 以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、 彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。 なので彼女はあまり人に予定を合わせたり …

noimage

どうにもならないやる気のなさ

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが この「どうにもならないやる気のなさ」である。 ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと 彼女はもうその辺で転がっていることしかで …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ