彼女の話

彼女のペルソナ

投稿日:2016年11月22日 更新日:

彼女は「いつも100匹くらい猫かぶって生きてるから」と少し自虐的に笑う。

相手によっては「200匹になったり、10匹くらいになったりする」らしく

見ていても彼女はかなりうまく「猫をかぶって」いる。女優かと思うほど。

 

この社会ではみんな無意識のうちに仮面をつけて生きている。

彼女が違うのは自分のそれをいつもとても意識して生活している、ということだ。

自分が今からどのペルソナをかぶってどう振る舞うのか頭の中でイメージして出かけていき、

そこであるべき自分をそのように振る舞い、ひとりになれる場所があれば

「ペルソナの色は褪せていないか、はがれそうになっているところはないか、うまくやれているか」内観する。

(ちなみに彼女は「猫の毛が抜けすぎているところはないか、きちんとすっぽりかぶれているか」といった言い方もする。)

 

彼女のペルソナはかなり強固に貼り付けられているが、

稀にそれが剥がれそうな事態がおこると、実際に彼女は顔の端々に手をあててぺたぺたと両面テープで補修するかのようなしぐさをして自分から離れていきそうになっているペルソナをとどめおく。

この顔の端々に手を当てる、という動きは「ああ、アセったアセった、落ち着こう」といった動きに似ているので、うっかり人がいるところでやってしまってもあまり気にされないようだが、

「うっかり」やってしまうところはペルソナが剥がれかけている証拠でもあることを彼女はその時も自覚している。

 

一日の内で特に重要なことは城にたどり着いたとき、

彼女が「意識しながら」すべての仮面をはずす、という行為だ。

「自分に戻ってもよい」、と確認しながらはずすこと。

 

彼女が恐れているのは適切でない場所で時間でペルソナが強制的暴力的に剥がされるような状況になること。

(彼女は「もし外でそんなことになってしまったら接着剤と一緒に目とか口とかの顔のパーツもみんなもひっぺがされてのっぺらぼうになってしまうのではないか。仮面は接着剤でくっければいいけど、目や鼻はそんなことでは戻らないだろうからそういう意味でもこんな事態はあってはならない。」と思っている。)

 

そして少し心を痛めているのは、

仮面をつけるのを忘れてしまえるほど感情を揺さぶられたことがないということ。

それがいつ、どこであっても自然と顔に手が伸びて、無意識に自ら仮面を外してしまうような、

そんな気持ちに出会ったことがない、ということ。

 

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

満たされないのは

「どこにいても 何をしていても だれと話しても 満たされないのは 自分のことばかり かんがえているから」

noimage

たくさんの話から

彼女の上司は大変いい人である。 色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。 感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。 彼はおそらくHSPであるようで …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

noimage

彼女の先延ばし癖

彼女の先延ばし癖は彼女自身も困ったものだと思っている。彼女の場合それは典型的な完璧主義からくる要因も大きい。完璧にできそうになければ、また今度、となったのが、どんどん積もり積もって本人が一番ウンザリし …

3月10日

3月10日

3月9日と3月11日に挟まれた3月10日。 3月9日と3月11日には毎年思うことがあるけれど、3月10日にはない。 彼女はそれを少し不思議に思っている。 これまでも忘れているだけで3月10日にも何かあ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ