彼女の話

彼女と鉛筆

投稿日:2017年9月24日 更新日:

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。
それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。

彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。
いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。
かいたあとに紙を見ているとそこに溝ができているらしい。
シャーペンを使って強い筆圧でかいた時に確かにその凸凹は紙の裏からよくわかる。
彼女も時と場合によってはシャーペンを使わないことはない。
傷をつけたいようなものをかきたいときには使うようだ。
(しかも彼女はファーバーカステルの結構いいやつを持っているのだが。)

その点、鉛筆は柔らかい。
紙にも柔らかく接し、自身も静かに削れていく。
50/50なのだ。
特にスケッチブックにその芯を滑らせたとき、
鉛筆の黒鉛がスケッチブックの紙の繊維に入り込み切れずに
描いたラインがボコボコと黒に染まり切らないのも大変気に入っている。
それを楽しむためだけにひたすらにスケッチブックに線を走らせるだけの時もある。

重ね塗りが一番楽しめるのも鉛筆だ。
シャーペンやボールペンでも濃淡や重ね塗りはできるのだが、
彼女にとってはここでも鉛筆ほど自由を感じるものはない。
自分の力加減次第で鉛筆は幾通りものグレーを生み出してくれる。
ちなみに色鉛筆の黒色は「わざとらしくて」使わない。
とにかく鉛筆は謙虚なのにダイナミックなのだという。


今はHBか6Bを使っている。
本当はもっといろんな種類を持っていたいと思っているのだが、
この2種類が気に入っている。

特にHBは削りやすいという点で相性が大変いいらしい。
あとは子供の頃から一番付き合いも長いから安心するし、ときどき義理も感じるし、
とにかく仲良しであるらしい。
6Bの色はとても好きだが、とても削りにくい。

彼女は鉛筆はカッターでしか削らない。
鉛筆削りでぐりんぐりん無闇に尖らせようとしている人を見ると
なんて乱暴なことを、と一人で勝手に傷ついてしまう。
以前自分の鉛筆が誰かに研がれてしまったのをみて、その人の親切心を理解しながらも
まるで自分の一部が
鉛筆削りのあの先が見えない真っ暗な穴にぐいぐい突っ込まれて研がれてしまったかのように
激しく落ち込んだことがあった。
以来他人の目に触れるところに自分の鉛筆は置かないことにした。

なぜ彼女がカッターでしか鉛筆を削らないのかというと、それは芯をできるだけ残すためだ。
彼女が細心の注意を払って削った直後の芯は、
ただそのまま周りの木材だけを溶かしましたとでも言うように
黒鉛の棒には傷一つ入っていない。
この点6Bはすごくすごく柔らかくて繊細だからかなり気を遣うのだという。
まるで豆腐か桃みたいにすぐにかよわく傷つくのだ。

鉛筆の芯はキリッとつるんとしていて柔らかく、
それを支える削られた軸木は武骨で、これもまた柔らかい。
しかも森みたいな土みたいないい匂いがしてあたたかい。

鉛筆は愛しい。
鉛筆みたいになれたらいい。
彼女は思いながら今日も静かに鉛筆を削る。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

表面下の世界

表面下の世界

「表面の世界でも生きていける。 そしてそれはそんなに悪くない。」 自分は一体何を表現すればいいのだろう。 文字を綴れば、黒鉛を重ねれば、世界をつなげれば、 それらを続けて行けばどこかに直角が訪れるのだ …

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

「嘘ってなんだろう」 彼女は嘘についてよく考える。 昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。 黒い嘘と白い嘘ってやつだ。 「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない 自分を守るための嘘があること …

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年8月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ