彼女の話

スパティフィラムの幸せ自慢

投稿日:

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。
スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。

スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、
水分コントロールのために余分な水分をそうやって葉先に露として放出しようとする。
これは温度や湿度が整った条件でないと見られない。

彼女はそんなことを思い出しながらぼんやりと膨らんだ滴を眺めていた。
無色透明だけれど、何かを映し出せるほど大きくもない。

つい先ほど自分が明かりをつけるまで
暗闇の中でこの一滴をヨイサヨイサとこしらえていたスパティフィラムを想像した。


十分な水と適温と心地の良い湿度。

満たされている。


彼女は「ああ!」と言ってひらめいた。
「幸せ自慢ね」。


白熱灯の角度を変えると滴は明かりを反射して薄い橙色に染まった。
「まあまあ、そんなに照れないで」


目を細めた彼女は瞼の重さを思い出すとそのまま眠りにおちてしまった。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

彼女の低血糖

彼女の低血糖

彼女は低血糖気味だ。昔は体育のマラソン後や水泳でよくぶっ倒れていた。 大人になってからはなによりそんなに集中して運動する機会も減り、生活にそれほど支障をきたすこともなく忘れてしまうほどのレベルだ った …

noimage

それが問題だ。

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と …

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ