彼女の話

ことばのパラレルワールドをいきる

投稿日:2016年11月20日 更新日:

「あたまの中で考えているときには言葉を使っていなくてもある程度の、
”何について、どう思って、だから結論が出ないんだ”、みたいな形があるのに
口で表現してみたとたんまったく別の話みたいになる」

「あれ、こんなことを考えていたんだったっけってなる」

「あるステージで、こことは違う場所で、確かにあった言葉が
このステージでは違うものに変換されて、しかもそれはこの世界になんの影響も与えない」

「同じ言語なのに、まるで伝わらない、それどころか自分自身さえ自分の言葉と、その言葉をそこまで持ってきた自分の心に猜疑心をおぼえる。同じようで何かが違う。パラレルワールドみたいなもの」

 

彼女は言葉に敏感だ。

 

「だんだんおなかの中に絡まりながら糸がたまっていく。何かのきっかけでそれが食道を通って芋づる式に全部引きずり出せてしまえばきっとすっきりする」

「口を開くと”正しそうな話”になる。”もっともらしい話”にしようとしてる。だから糸がたまっていく」

 


ことばのパラレルワールドをいきる

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

『鑑定士と顔のない依頼人』

『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意 この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。 とてもとても美しいラストシ …

noimage

3月11日-ある春の日

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。 紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから 無色透明のばっとした熱さの水の中に 無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。 それは、そ …

noimage

回避依存

「確かに人は一人で生まれ一人で死んでいく。それなのにわざわざ一人では生きられない過程を通過しなければならないのはなぜか」 誰か 愛とか信頼とかいうものを知らない人間にも分かるよう、どうにか説明してやっ …

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ