彼女の話

忘れていく彼女 -ことば

投稿日:

前回のつづき




彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、
それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。
小さいころから自分が放った言葉の意味に対応しない言葉が相手から返ってきてなんの話だか分からず戸惑う。
もしかしたら自分は言葉自体の意味も記憶違いしているのではないだろうか。
みんなの世界の言葉をみんなと同じに覚えなかった。
だから自分の言葉は正確に伝わらないし、相手の言っていることも分からないのではないか。
そう思い始めた。

成長とともに言葉を言語として理解するようにはなったが、
同時に、どうも伝わらないらしいという言葉も感覚的につかめるようになった。
みんなが話すように自分も話すようになった。
そしてだんだん本来の自分の言葉をどこかに置いてくる癖がついた。

でも置き場所にも限界がある。


彼女はいつも願っている。
すべて吐き出したい
自分のことばで話したい。
話したいことがたくさんあるはずなのに。
同じ言葉を話す人に、自分の言葉を理解してくれる人に。
会いたい会いたい会いたい会いたい。

そして彼女は知っている。
自分と同じ世界を生きる人たちが実はたくさんいる、ということに。
自分も彼らにとっての会いたい人かもしれないことに。

僕から見ているとそんな世界の彼女たちは
毎朝バスを待つ列で、職場のデスクで、映画館の座席で、すぐ隣同士にいるかもしれないのに、
みんなが彼女のようにひっそりと息をひそめ仮面をつけて外へ出てくるので、
結局はすぐそばにいながらお互いに気付けない、というそんなもどかしさがある。
そしてそれはなんだかとても切ない。



忘れていく彼女―ことば

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

飲み込んだ空気の行きついた先は

その先は呑気症だった。 最近急に涼しくなって人々が生き生きしている。 ある朝彼女は目を覚まし起き上がってテラスのドアを開けた。 瞬間ぶわぁっとあの懐かしいひんやりと乾いた空気が彼女を一気に包み込んだ。 …

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

カラフル

彼女は白と黒の世界しか描かない。 写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、 昔は写真もモノクロばかり撮っていた。 そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたの …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ