彼女の話

忘れていく彼女

投稿日:

彼女はあまり記憶力がよくない。
まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。


彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。
なのでつい最近のことはまあそこそこ憶えているのである。
しかしそれが10日前、1ヶ月前、となると途端に憶えていないことが増える。

たとえば職場で関係者に宛てた年賀状に、自分が他愛のない一言を手書きで添えた内容。
相手Bから年明け取り急ぎのお礼のメールを受け取った時、
Bはどうも自分が書いたことに対してわざわざ返信してくれているようなのだが、まったくなんのことか分からない。


いつ、どこで、だれと、なにがあったか、がバラバラになっていることもよくある。


たとえばCさんに最後に会ったのはいつだっただろう、と考えて
ああそうだあの頃あそこでだった気がする、などと結論付けるのだが
それは全く別の人物、別の時、といったように記憶の結びつきも取り出し方もめちゃくちゃだったりする。

どうも確かな記憶に行きつくまでの手続きもないがしろにしてしまっているようで、
Cの話にしろ本来ならばその人と自分との接点や共通点などを手がかりに記憶をたどっていくものだが、
彼女は突然どこからかCに最後に会ったような雰囲気を”持ってきて”、
でもその材料としての雰囲気は他の誰かと会った時の記憶から作られた”イメージ”だったりして、
結局はその記憶も”作られた”ものになってしまうのである。
彼女は多くの記憶をそうやってその時ごとに変換して出力してしまっている、とでもいえばいいだろうか。

もちろん、こういった記憶のエラーは彼女に限って起こるものではないのだが、
彼女の場合はどうもそれが頻繁であるようで、しかもかなりの現実感をもっている。


彼女はごく若いころにこの妙な癖を自覚し、
そして成長と共になぜそんなことになってしまうのか、なんとなくその原因も分かってきたように感じている。

それはたぶん「脅かされることのないように、おぼえておく気がそもそもない」からだ、と。



忘れていく彼女

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

noimage

カラフル

彼女は白と黒の世界しか描かない。 写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、 昔は写真もモノクロばかり撮っていた。 そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたの …

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ