彼女の話

忘れていく彼女

投稿日:

彼女はあまり記憶力がよくない。
まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。


彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。
なのでつい最近のことはまあそこそこ憶えているのである。
しかしそれが10日前、1ヶ月前、となると途端に憶えていないことが増える。

たとえば職場で関係者に宛てた年賀状に、自分が他愛のない一言を手書きで添えた内容。
相手Bから年明け取り急ぎのお礼のメールを受け取った時、
Bはどうも自分が書いたことに対してわざわざ返信してくれているようなのだが、まったくなんのことか分からない。


いつ、どこで、だれと、なにがあったか、がバラバラになっていることもよくある。


たとえばCさんに最後に会ったのはいつだっただろう、と考えて
ああそうだあの頃あそこでだった気がする、などと結論付けるのだが
それは全く別の人物、別の時、といったように記憶の結びつきも取り出し方もめちゃくちゃだったりする。

どうも確かな記憶に行きつくまでの手続きもないがしろにしてしまっているようで、
Cの話にしろ本来ならばその人と自分との接点や共通点などを手がかりに記憶をたどっていくものだが、
彼女は突然どこからかCに最後に会ったような雰囲気を”持ってきて”、
でもその材料としての雰囲気は他の誰かと会った時の記憶から作られた”イメージ”だったりして、
結局はその記憶も”作られた”ものになってしまうのである。
彼女は多くの記憶をそうやってその時ごとに変換して出力してしまっている、とでもいえばいいだろうか。

もちろん、こういった記憶のエラーは彼女に限って起こるものではないのだが、
彼女の場合はどうもそれが頻繁であるようで、しかもかなりの現実感をもっている。


彼女はごく若いころにこの妙な癖を自覚し、
そして成長と共になぜそんなことになってしまうのか、なんとなくその原因も分かってきたように感じている。

それはたぶん「脅かされることのないように、おぼえておく気がそもそもない」からだ、と。



忘れていく彼女

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

noimage

(no title)

いつの頃からか眠りに落ちる間際に 時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。 それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。 そこは真っ暗だ。 真っ暗な中に白い直方体がぼんわり …

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

noimage

咬みしめる彼女

先日歯医者に行って撮られた自分の歯を見た彼女は仰天した。 歯にヒビが入っていたのである。それも1本ではない。 彼女には咬みしめる癖がある。 歯医者によると、咬みしめの力は自分の体重ほどもある。 そのエ …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ