彼女の話

数字と中学生と彼女

投稿日:

彼女は数字が大嫌いだ。


彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。
この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。

聞けばこの子はもう数学教師がもはや日本語をしゃべっているとは思われず、
一体何の話をしているのだかサッパリ分からないらしく、
それはまさしく彼女が中学生の頃の自分と話しているかのような錯覚を覚えるほどに共感する訴えであった。


彼女の数字嫌いがピークに達したのは高校生の頃で、
試験の度に彼女は激しい憎悪に襲われた。
ある時は学校への放火を真剣に考え、またある時は爆破予告のFAX送信の文言に頭を悩ませた。
賢い人はそんな暇があったのなら勉強すれば良かったのにと言うかもしれないが、
彼女はすでに小学生の折、少数の割り算で躓いたのである。
そこからずっと分かっていないのだからそこに高校数学の勉強をしろと言われても無理な話なのである。

そんな話をこの中学生にすると、この子は目を輝かせてすごくすごく分かります!と言ってくれた。
ますますこの子がかわいそうになった。
この子の代わりに内緒で今こそあの時の爆破予告シナリオを決行する時ではないだろうかと思うほどに同情した。
少数の割り算以前で数字の世界が止まっていたとしても社会には出て行けるのである。
それなのに一体誰にこの子に数学の試験なんぞを強いる権利があるのだろうか、いや、ない!!
彼女は断固としてそう主張したかった。


でも前途多望な中学生にそんなことは言えない。
彼女にしても未だに数字は嫌いだが、数字が作り出す美しい世界があることも今は知っている。
何がいつどう化学反応を起こしてこの中学生に影響を与えるか分からない。
「早く大人になるんだ。大人数学ないよ。それだけで大人になって幸せだなって思えるよ。そうしたら数字の違う姿も見られるかもよ」と伝えた。
中学生は嬉しそうに声に出して笑った。


この子は女の子で平均的な中学生よりもずっと小さな体で
何度聞いても覚えられない名前の巨大な楽器を抱えて毎日吹奏楽部で練習をしている。
そしてそれもとても素敵なことだ。
万が一今後数字とうまい関係が築けなくてもこの事実があればそれでも十分なのだ、と彼女は伝えたいと思っている。



数字と中学生と彼女

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

水面に浮かび上がる絵

田植えの時期だ。 彼女は少しずつワクワクし始める。 今年の梅雨は降水量が少ないようだ。 梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。 彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるた …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

朽ちかけの大木

彼女の写真: 朽ちかけの大木

彼女は写真を撮る。見るのも撮るのもマクロの写真が好きだ。 その中でも朽ちかけた木を特に愛する。 なぜかはよく分からない。   ちなみに彼女はカバやゾウも好きで、 朽ちかけた木の皮はそんな彼ら …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ