彼女の話

(no title)

投稿日:2017年1月20日 更新日:

いつの頃からか眠りに落ちる間際に
時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。
それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。

そこは真っ暗だ。
真っ暗な中に白い直方体がぼんわりと浮かび上がっている。
直方体であるらしいことは分かるが、その前方左側は闇に消え入るかのように薄くなっている。

その前にちいさな女の子がいる。
直方体と同じように白く浮かび上がっていて、服も白い。
直方体に寄りかかって立っていることもあるし、
背中を預けて両足を伸ばし座っていることもある。
座っていることが多い。
いつも俯いていて顔は見えない。

彼女のビジョンはそれらを、それらの右斜め上から覗き見ている。

以前は眠るときにしか浮かんでこなかったが、最近は眠れない時にもイメージするとすっと現れるようになった。
しばらく眺めていると体と顔が弛緩をはじめる。
そして自然と眠りに落ちるのだ。

眺めていても彼女は特に何も感じないし何も考えない。他には何も浮かんでこない。
彼女はただ見ているだけだ。





(2017.2.5追記)
とても疲れているとき、思惟の波にもまれたとき、このビジョンは見えない。
ただ暗闇の中に何とか存在しようと白い霧がうっすら見えるだけだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の乏しい注意力

彼女を見ていると、ほと集中力がまったくないのがよくわかる。いや、集中力がない、というよりは気が激しく分散していると言った方が正しい。同じことだろうと思われるかもしれないが、例えば本を読む、映画をみる、 …

have a good day

HAVE A GOOD DAY!

  「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。   彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。 それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。 彼 …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女がつくり、守ってきたもの

彼女はときどき放心している。 急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。 目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように さらに重たくなって …

noimage

朝目覚めたときの彼女

彼女の状態は朝目が覚めたときに分かる。 意識が覚醒した時、最初に感じたのが今現在の彼女の健康状態に一番近い。 最近の彼女のスケジュールは毎日毎時間ギチギチに詰まっている。 今何事かを成しながら常に数時 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ