彼女の話

投稿日:


「どうか

受け入れてほしい。

私がドアを開けたら

何も正さず

何も壊さず

ただ

ときどきでいいから

抱きしめてほしい。







-彼女の話

執筆者:

関連記事

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

忘れていく彼女―ことば

忘れていく彼女 -ことば

前回のつづき 彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、 それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。 小さいころから自分が …

3月9日

3月9日

今日は3月9日だ。 3月9日と言えばレミオロメンだ。 最近では卒業ソングの定番らしい。 彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、 高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。 10 …

noimage

ドキュメンタリー

彼女はドキュメンタリーが好きだ。古代エジプトの話からロデオ乗りの人生や人工知能にアザラシの話まで。なんでもみる。それでも特に好きなのはやっぱり創られるなにか、創り出すだれか、その周辺、のお話。 作家や …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ