彼女の話

友人N

投稿日:2017年1月23日 更新日:

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。
Nなくして今の彼女はいないのである。


Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。
Nは彼女の人生の半分以上を知っている。
その間いつもいつもそばで彼女を見ていた、というわけではないが、
彼女の人生の転換期や分岐点においてNが彼女を支えてきたことは間違いない。

彼女はたとえ自分が殺人を犯したとしても、世界でNだけは面会に来てくれるだろうと思っている。
僕もそう思う。

彼女がどうしてそこまでNに絶対的な信頼を置けるかというと、それはNの一貫性にあるかもしれない。
環境や人や生活など彼女が意図しようとしまいと、目まぐるしく変化してきた彼女のこれまでにおいて
唯一絶対に変わらなかった存在がNであるからだ。


ふたりは子供の頃に出会っているから、Nだってそれから成長し変化したものは当然ある。
しかしNのNたらしめる部分だけは子供の時分から揺らいでいないのだ、と彼女は言う。


これまで彼女にどんなことが起ころうと、彼女がどれだけ崩れていこうと、
Nはどこかで”彼女は大丈夫だ”と信じていた。
そしてそれを彼女がぼんやりとした心で漠然と受け取っていた。
「自分を信じてくれているたったひとりがNだった」
それは何かあるごとに強化されていった。

彼女は今までも色んな意味でNがいなければ生きてこれなかったかもしれない。
前述したような支えの意味でも、城の保証人など社会的な意味でも。


彼女は最近自分の世界にとても感謝し、大切にし、それが自分を紛れもなく支えてくれているということが奇跡のように思える。
今このタイミングで新しい世界が開けつつあるのはなぜだろう、どうして突然こんな出会いがあったのだろうと考えていたが、彼女は最近なんとなくその理由が分かった気がする。

それはこれまで意識しようともしまいとも自分の一部であったようなN。
そのNが近々結婚するかもしれないからだ。


今この彼女に自信を与えてくれる新たな世界に出会うまで、Nは長いこと彼女の船となってくれていた。
逆に言えばこの世界がなければ彼女はNという船からぐるりんと今度こそ海へ落ちてしまうところだったかもしれない。
世の中はなるようになっている、と思ってしまいそうだ。


「NはこれからもNだ。それは変わらない。」
「こんな時でも自分のことばかりで悪いけど、今余裕でお祝いできる自分がいて良かった。見捨てないでとすがらない自分を作ってくれたのもNだった。それがとてもとてもとてもうれしくてありがたい」





-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

たくさんの話から

彼女の上司は大変いい人である。 色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。 感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。 彼はおそらくHSPであるようで …

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

noimage

2020/01/18

彼女の先延ばし癖

noimage

2020/01/17

子どもたち

noimage

2020/01/16

非日常

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ