彼女の話

絶対に落としてはいけなかったきのこ

投稿日:


最近彼女は毎日そわそわイライラしている。
落ち着かない。
心がもぞもぞする。

昔マッシュルーム農場で働いていた女の子のことを思い出した。
その日女の子は箱いっぱいに詰まった摘みたてのマッシュルームを
一箱全部ぶちまけてしまった。
ぷりぷりした真っ白のマッシュルームは
土埃をかぶったその瞬間すべて売り物にはならなくなった。
きのこ類は特にそういうものだ。
オーナーに申し訳ないことをした、
そう女の子は彼女にぽつり話してくれたのだった。
ひどく落ち込んでいた。

人のそんな話を彼女は何度も反芻する。
それももう何年も前のこと。
当事者の女の子でさえもう忘れているかもしれない。

彼女は想像する。
薄茶色の土の上に散らばった大小さまざまな形の真白のマッシュルーム。
その傍で佇む青いパーカーにスニーカーを履いた女の子。
絶対に落としてはいけなかったきのこ。

モヤモヤやそわそわを吐き出そうと大きく深呼吸したとき、
何かの拍子にスポッとマッシュルームが彼女の気道にジャストフィットしてその道を塞ぐ。
そしてしばらくは行き場を失ったため息だけが溜まっていく日々がつづく。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

noimage

彼女に似た人

彼女は人の多いオフィスを訪れたとき、昔の職場であった女性のことを思い出した。どこか自分と似ていると思いながら同情心とイラつきを同時に持っていた。その時彼女は1フロアに100人以上はいるようなかなり大所 …

noimage

1000の中の彼女

彼女は最近大変忙しい女性と会う機会があった。 この女性は母であり妻でありPTA役員であり地域の行事係でもあるような とてもとても忙しい人なのである。 彼女はこの人に決して複雑とは言えない かなり明快な …

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。 そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。 これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、 その …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ