彼女の話

静けさと感情でいっぱいの場所

投稿日:

彼女はときどき美術館に行く。
行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。

美術館は大抵街の真ん中にあったりして、
駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビーの静謐が彼女をふんわりと包む。
あの感じが彼女はたまらなく好きだ。
「忙しない街中をよそにそこだけがぽっかりと素知らぬ顔で、しかしどっしりと時間を停止させている。」
家を出てからここへ辿り着くまでに一緒に連れてきてしまったいろんな刺激や感情をそっと払い落とすように、
彼女はロビーでしばらく目を閉じて座っている。


それから美術館の人たちは大抵どこでも穏やかだ、というのもいい。
せっかちな人や、愛想の悪い人はあまりいない。
たくさんの作品を観る前はなるべく心静かにいたいので、
他人の気分に影響されやすい彼女にとってはとても助かるのである。


展示エリアへ入っていくとそこはもう感情が満杯に詰まった箱のようなものだ。
どんな無名でも有名でも関係なく感情のない作品はない。
ひとつひとつがそれぞれの方法で主張してくる。
「うまく言えないけど、それは作品から色がついた小麦粉がぱーんと舞っている感じ」だという。
展示スペースはいろんな色の小麦粉でいっぱいなのだ。
「だからのどが詰まって苦しいような気がしてくる」


彼女は何かを鑑賞するということはとても疲れる作業だと思っている。
みて、相手の何かを受け止める、自分から何かが生まれる、そしてそれらを心のどこかに留め置く。
そしてまたみる、受け止める、生まれる、留め置く。
作品を眺めながら延々とその作業の繰り返し。

みおわった後はへとへとに疲れて、再び静謐のロビーで目を閉じて座っている。
せっかく出てきたのだから少しブラブラして帰ろうかと思いながら家を出ても
大抵それは果たされずに帰宅することになる。


それでも彼女はしばらく城にこもっているとおしりのあたりがムズムズしてきて
あの小麦粉の世界を求めてまたいそいそと出かけていくのだ。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ