彼女の話

モフモフ

投稿日:2017年2月9日 更新日:

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。
夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。

他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。
スヌーピーなど白いものは尚いい。

女性でも男性でもふっくらしている人をみると抱きつきたくなる時がある。
それがいい人なら余計で、さらにそれが背の高い人だとガマンするのに一苦労だ。
長身のお相撲さんならどうかとなると、それは例によって厳しいかもしれないそうで、
僕にはその境目がよくわからない。
ゾウやカバも大きいが実際にそばで見ることはないからいいのだそうだ。


彼女の職場にひとりモフモフした男がいるのだが、
割と仲良く悪ふざけをしたりもするようで、彼女はどさくさに紛れてこのモフモフした腹を叩いて遊んでいた。
すると一部の同僚があの彼女が唯一スキンシップをしかも積極的にする相手として、
どうもモフ男に気があるのではないかと噂されたことがありぎょっとした。

しばし考えていたが、確かに彼女はあのお腹を愛してはいるがモフ男自身を愛しているかは未知だと結論付けた。
それにしても好きを好きと思うだけでも周りにどんな意味を布置されるやも分からず、
好きを好きと、触れたいものに触れたいと、ただそれだけのことが難しい世知辛い世界であることよ、とぽかんとする彼女なのである。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のもとに年賀状が届いた。学生時代お世話になった先生だ。おそらく彼女が唯一毎年年賀状を出している人だが、昨年喪中だったせいか今年もなんとなく出すのが億劫になっていた。他にも出す相手が変わってもなんだ …

noimage

「嘘ってなんだろう」 彼女は嘘についてよく考える。 昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。 黒い嘘と白い嘘ってやつだ。 「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない 自分を守るための嘘があること …

ランドリー・ニューヨーク

ランドリー・ニューヨーク

彼女はこたつ布団をようやく剥がした。 寒がりの彼女にようやく春がやってきたというわけだ。 ある夜こたつ布団を持ってコインランドリーへ向かった。 車が使えないので、イケアの大きな青い袋に入れ自転車のカゴ …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

恣意的彼女

恣意的彼女

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。 彼女はあまり自分のことを話さない。 話すが好きじゃないのだ。 でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとし …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ