彼女の話

モフモフ

投稿日:2017年2月9日 更新日:

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。
夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。

他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。
スヌーピーなど白いものは尚いい。

女性でも男性でもふっくらしている人をみると抱きつきたくなる時がある。
それがいい人なら余計で、さらにそれが背の高い人だとガマンするのに一苦労だ。
長身のお相撲さんならどうかとなると、それは例によって厳しいかもしれないそうで、
僕にはその境目がよくわからない。
ゾウやカバも大きいが実際にそばで見ることはないからいいのだそうだ。


彼女の職場にひとりモフモフした男がいるのだが、
割と仲良く悪ふざけをしたりもするようで、彼女はどさくさに紛れてこのモフモフした腹を叩いて遊んでいた。
すると一部の同僚があの彼女が唯一スキンシップをしかも積極的にする相手として、
どうもモフ男に気があるのではないかと噂されたことがありぎょっとした。

しばし考えていたが、確かに彼女はあのお腹を愛してはいるがモフ男自身を愛しているかは未知だと結論付けた。
それにしても好きを好きと思うだけでも周りにどんな意味を布置されるやも分からず、
好きを好きと、触れたいものに触れたいと、ただそれだけのことが難しい世知辛い世界であることよ、とぽかんとする彼女なのである。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

noimage

背徳感と新しい彼女

世の中にはやってはいけないことがある。 倫理とか道徳とか約束とかルールとか法律とか友情とか そういうものに背くようなことはやってはいけないのだ。 やってはいけないことは、やってはいけない。 約束は守ら …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ